奥田元宋の作品の買取を行っております【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

奥田元宋の作品の買取を行っております

2016.5.3

奥田元宋の作品買取ます

奥田元宋は広島県出身の日本画家で、妻は人形作家として活躍した奥田小由女です。
二人は「夫婦の美術館を作る」という目標があり、美術館に収めるための作品が散逸しないように手元に保管していました。
その後、広島県三次市東酒屋町に奥田元宋・小由女美術館が開館し、奥田元宋の日本画作品16点と写生作品4点、奥田小由女の人形作品36点が常設展示され、公開されています。


そんな奥田元宋が絵に興味を持つようになったのは小学校4年生の頃で、当時の図画教師・山田幾郎の影響を受けて絵を描くようになりました。
その後、上京して同郷の日本画家・児玉希望の内弟子として研鑽を積み、本格的な画家としての生活がスタートしました。
新文展で「盲女と花」を出品し、特選を受賞すると人物画・花鳥画を中心に創作活動を行っていましたが、戦争により郷里へ疎開する事になりました。
疎開先では古典資料もモデルも不足していたため、故郷の自然風景を写生する事に没頭し、風景画に新境地を見出し、日展で「待月」が特選と白寿賞を受賞すると風景画家として地位手に入れます。
この事をきっかけに奥田元宋は風景画を通じて日本画の新しい表現を模索し続け、自然の風景を赤で表現する事に没頭し、「元宋の赤」といわれる独特な赤色を生み出しました。


画業の他にも短歌に才能を見せた奥田元宋の作品は情緒溢れる独特の世界観が特徴で、中古市場でも高値で取引されている作品が多数存在します。
いわの美術でも奥田元宋の作品買取に力を入れておりますので、売却をお考えでしたら、まずはいわの美術までお電話、メールにてお気軽にお問合せ下さい。




奥田元宋の作品買取について

奥田元宋は日本画家ですので、掛軸、額装の肉筆作品はもちろん、リトグラフなどの版画作品も展開しています。
どの作品も高価買取が期待できますが、特に肉筆の作品は1点しかないため、高値で取引される傾向にあります。
シミ、汚れ、破れ、色焼けなどマイナス要素がなければ高価買取が期待でき、共箱などの付属品がご一緒であれば買取額も高くなります。
これは奥田元宋の作品かな?と疑問に思うお品物でも、いわの美術では無料で査定・見積を行っており、買取不成立であってもお客様に費用を請求する事はございません。
また、買取額を知ってから売却したいというお問合せも大歓迎ですので、お気軽にご相談下さい。
いわの美術では電話、メール、オンライン査定の3つの問い合わせ方法をご用意しており、メールやオンライン査定においては画像を添付する事ができ、画像によっては簡単な査定を行う事もできますので、ぜひご利用下さい。
皆様からのお問合せ、スタッフ一同心よりお待ちしております。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top