海老原喜之助の作品買取ます【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

海老原喜之助の作品買取ます

2016.7.1

海老原喜之助の作品の買取を行っております

海老原喜之助は大正時代末期から昭和時代にかけて活躍した洋画家で、「エビハラブルー」と呼ばれる鮮やかな青の色彩を多用した独自の作風で知られています。
馬好きでも知られている海老原喜之助は馬をモチーフにした作品を多数残しており、日本のみならずフランスやアメリカニューヨークで個展を開催するなど世界的にも活躍を見せました。


画家になるために鹿児島から上京し、フランス語を学びながら川端画学校で絵の勉強に励んだ海老原喜之助は19歳でフランスへ渡り、パリで創作活動をしていた藤田嗣治に師事しました。
藤田嗣治とは師であり友人という親しい間柄だったそうです。
海老原喜之助の作風の代名詞とも言える青を基調とした雪景シリーズはフランス渡欧時代に発表され、「エビハラブルー」という言葉を誕生させた代表作として高く評価されています。
一時は絵筆を折っていた時代もありましたが、海老原美術研究所を設立し、画業を再開すると第3回読売アンデパンダン展に出品するなど、九州を拠点に活動を続けていました。


そんな海老原喜之助の作品のご売却をしませんか?
いわの美術では海老原喜之助の作品の高価買取を行っております。
まずは買取額だけでも知りたいというお問合せでも構いませんので、お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。




海老原喜之助の作品買取について

海老原喜之助は若くしてサロン・ドートンヌに入選するなど画家としての才能を開花させ、非常に多くの作品を発表してきました。
中にはお写真のようなフォーヴィズム的な抽象表現の作品も描いています。
作品によって評価が違ってくるのはもちろん、保存状態も買取額に大きく影響してきます。
特に油彩画の場合、絵具の剥がれ、ひび割れ、色褪せ、汚れはマイナス評価となり価値が下がってしまいます。
酷く乾燥した場所や直射日光が当たる場所などを避けていれば防ぐ事ができますので、ご自宅で保管する際は保管場所に注意を払う事で買取額アップが期待できます。
お問合せの際は海老原喜之助のどのような作品なのか、作品タイトル、大きさ、描かれているモチーフなどをお伝え頂けると査定がスムーズに進みます。
海老原喜之助の作品の買取先をお探しであれば、年間に多くの美術品・骨董品の買取を行っているいわの美術にお任せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top