小出楢重の作品の買取を行っております【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

小出楢重の作品の買取を行っております

2016.9.1

小出楢重の作品買取ます

「東の岸田劉生、西の小出楢重」と呼ばれた近代画家の小出楢重はこの世を去ってから再評価された画家でもあり、現在中古市場でも高値で取引されている作品が多数存在します。
そのため、いわの美術でも小出楢重の作品買取を強化しており、お品物の状態によりますが高価買取で対応しております。


大阪で生まれた小出楢重は少年時代、渡辺祥益に日本画を学んでいましたが東京美術学校へは西洋画科を受験します。
しかし、結果は不合格となり日本画科への編入を許されて入学を果たし下村観山の指導を受けました。
しかし、洋画家になる事をあきらめきれず、黒田清輝の洋画塾「白馬会」に通います。
当時の黒田清輝は印象派の影響受けた外光主義でしたので「影は黒でなく紫色だ」と教えられますが小出楢重はそれを理解する事ができませんでした。
そのため、黒田清輝の権力が強い文展に出品を続けても入選する事はなく、友人の勧めで二科展に出品するようになります。
こうして二科展では「Nの家族」で樗牛賞を受賞し、翌年には「少女お梅の像」が二科賞を受賞しました。
画家としてついに世間的にも認められた小出楢重は挿絵やガラス絵の仕事も手掛けるようになり、画家としての幅を広げていきます。
晩年には裸体を描く事に没頭し、西洋的ではない日本人女性の体系をカバーするような姿勢や特長を生かした裸婦の表現など独自の裸婦像を研究するようになり、作品に描かれる裸婦の顔は肉体と比べるとリアルさはなく、時にはこけしのような顔をしています。


肉体の立体感、微妙な色調、人体の構成に興味を持ち追求し、「裸体画の楢重」の呼ばれた小出楢重の作品のご売却をしませんか?
いわの美術では小出楢重の作品買取を日本全国で行っておりますので、お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。




小出楢重の作品買取について

小出楢重の作品は裸婦を中心に大阪の街並みなどの風景画も描いています。
作品には「n Koide」などとサインがされている事が多く、作者不明の作品にこの文字があれば小出楢重の作品という可能性が高くなります。
いわの美術では作者不明の作品であっても、無料で査定・見積を行っております。
買取不成立であっても料金が発生する事はございませんのでご安心下さい。
また、一度に大量のコレクションのご売却をお考えでしたら、出張買取で対応する場合もございます。
こちらもお客様から費用を徴収する事はございませんので、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top