マイセン ユーゲントの買取を行っております【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

マイセン ユーゲントの買取を行っております

2016.9.9

マイセン ユーゲント買取ます

双剣のマークで有名なドイツの名窯マイセンは西洋白磁界のトップに君臨し、これまでに多くの名品を生み出してきました。
マイセンはザクセン選帝侯兼ポーランド王のアウグスト2世が錬金術を研究していたヨハン・フリードリッヒ・ベトガーを幽閉し、白磁を作るように命じた事からその歴史が始まり、ロココ調の優美なものから中国や日本の伊万里焼などからヒントを得て完成させたシノワズリ(東洋趣味)など幅広い作域を生み出しました。
さて、数あるマイセンの絵付けパターンの中から今回はユーゲントというものをご紹介しておりますが、こちらは現代マイセンの発展に大きく貢献したハインツ・ヴェルナー、ルディ・シュトレ、ペーター・シュトラング、フォルクマール・ブレッジナイダー、ルードヴィヒ・ツェプナーのマイセン5人組の後継者を代表する芸術家ザビーネ・ワックスにより生み出されました。
ザビーネ・ワックスは造形も絵付けもこなす敏腕デザイナーとして活躍しており、白磁の美しさを強調したデザインの「波の戯れホワイト」はザビーネ・ワックスによるものです。
そのためマイセン ユーゲントは波の戯れのシェイプが起用されており、お写真のチューリップ柄とケシの柄があります。
このユーゲントというのは「ユーゲント・シュティール」という19世紀末から20世紀の初頭にかけてドイツを中心に広がった美術様式からきており、「構成と装飾の一致」を理念とし、美や快楽と実用性を融合させる事を目的としています。
さらに美術・工芸デザインに見られるユーゲント・シュティールは、動植物や女性のシルエットなどをモチーフとし、柔らかい曲線美を特徴としています。
まさにマイセン ユーゲントもその言葉がぴったり当てはまるデザインですよね。
いわの美術では美しいデザインを持つマイセン ユーゲントの買取を日本全国で行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。




マイセン ユーゲントの買取について

いわの美術でも過去に買取を行った事のあるマイセン ユーゲントですが、どのようなアイテムなのか、外箱などの付属品があるのかどうかによって買取額が変わってきますのでお問合せの際はできるだけ詳しい情報をお伝え下さい。
また、ご自身ではマイセンという事までは分かっていてもどういったシリーズなのか分からない・・・そんな場合もあるかと思います。
そんな時は画像を添付する事ができるメールかオンライン査定からお問合せ頂ければ口頭での説明は必要なく、査定もスムーズに進みますのでぜひご活用下さい。
皆様からのお問合せ、スタッフ一同心よりお待ちしております。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top