小山敬三の油絵のお買取りいたします【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

小山敬三の油絵のお買取りいたします

2017.6.7

小山敬三の油絵の買取致します

 小諸城下・荒町の豪商の生まれの洋画家、小山敬三(こやまけいぞう)。

小山敬三は、『並木道の冬』という作品がサロン・ドードンヌ(=秋季展)で入選をしたことで、一躍脚光をあびました。


サロン・ドートンヌは、モディリアーニ、セザンヌ、ピカソ、藤田嗣治(レオナール・フジタ)など、名だたる巨匠たちが活躍した場で、画家たちの登竜門でした。


小山敬三の油絵は、中古市場で人気が高く高価買取が期待できるお品物です

只今、いわの美術では小山敬三の油絵のお買取りを積極的に行っています。

小山敬三の油絵をお持ちの方がいらっしゃいましたら、いわの美術までご連絡ください。


小山敬三の略歴と高価買取理由

 小山敬三は、川端画学校で洋画家の藤島武に師事し、渡仏後は、フラン人画家のシャルルゲランから油彩画の教えを受けます。渡仏してから2年後の1922年にはサロン・ドートンヌで入選をします。また、1927年にはパリで個展を開き、『カスティヤの丘』という作品はフランス政府のお買い上げとなるほど好評を得ました

 当時のパリは、エコール・ド・パリの巨匠たちがひしめきあっていたため、日本人画家たちの絵はその勢いに押されていました。そんなパリにおいても、小山敬三の作品たちは負けず劣らず、輝きを放っていたそうです。

 帰国後は日本でも高い評価を得ていき、1949年には日展の審査員になり、日本芸術院賞を受賞します。1975年には文化勲章を授与され、地元である小諸市に『小山敬三美術館』が建設されました。

パリの巨匠たちにも劣らない実力と、日本、パリなどでの高い評価があるため人気が高い作家です。このような理由から、中古市場でも高価買取につながると考えられます。


小山敬三の油絵の買取について

 小山敬三の代表作には、浅間山や、姫路城などの白鷺場をモチーフにしたものがあります。所謂、風景画以外にも、人物画も描いていますが、中古市場でより人気があるのは、風景画です。高価買取が期待できる小山敬三の油絵ですが、額に傷、絵の目立つとこに汚れがあるなどの状態によっては、査定評価がマイナスになってしまうこともあります。

 

また、いわの美術では、小山敬三と共に一水会を創設した、安井曽太郎、木下孝則、山下新太郎など、小山敬三以外の画家たちの作品のお買取りもしています。

お引越し、遺品整理などで絵画などが出てきたけど、どういったものかわからなくて処分に困っている方いらっしゃいましたら、絵画の買取実績の多い、いわの美術までお問い合わせください。

メールにてお写真頂いて査定を行う、無料オンライン査定も行っていますので、お気軽にご連絡ください。


絵画の買取についてはこちら~

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top