中村善策の油彩画のお買取り致します【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

中村善策の油彩画のお買取り致します

2017.11.2

 中村善策の油彩画のお買取り強化中! 

                                      

 

中村善策(なかむらぜんさく)は北海道や信州の風景を描き人気を博した現代日本の代表的風景画家です。日展の参事を務め日本の画壇の重鎮として洋画の普及に努めた人物でもあります。

ただいま、いわの美術では中村善策の油彩画のお買取りを強化致しております。

絵画の他にも書や和楽器なども買取させていただいておりますので、ご不要になられました骨董品・美術品などがございましたら いわの美術 にお任せください!

買取実績豊富な査定員がお一人お一人ご対応させていただきます。


 

 

 中村善策とは  

                                      

 

<…中村善策の略歴…>


中村善策は1901年北海道で建築請負業を営む家庭に生まれました。

1916年に海運会社に就職し、同年小樽洋画研究所へ入所します。

ここで絵画の基礎を身に着けた中村は本格的に画家を志すようになり、1924年に上京し川端画学校へ通います。同年第5回中央美術展にて初入選を果たし、太地社結成に参加することとなります。

1925年には第12回二科展に出品した「風景」が初入選を果たし以後1936年まで二科展を中心に活躍しました。

1936年に第23回二科展に出品した「白い灯台」「濁航船」を出品し二科特対賞を受賞すると、翌1937年には一水会展昭和洋画奨励賞を受賞しました。

その後、1941年に新文展無鑑査となり、文展で審査員を務めるなど活躍を重ねました。

そして1967年第10回日展へ出品した「石狩湾の丘の邑」では文部大臣賞を受賞し、1969年第11回日展に出品した「張碓のカムイコタン」で日本芸術院賞を受賞しました。

1978年にはこれまでの功績が認められ勲四等旭日小綬章を受章し、これからさらなる活躍を期待されていましたが、1983年に82歳で亡くなりました。

中村没後の1988年には故郷の小樽市立小樽美術館に「中村善策記念ホール」が解説されています。



<…中村善策の作風…> 


中村善策は北海道や信州などの風景を写実的に描くことで有名です。

主に油彩で風景画を描いた中村は

「写実とは自然そのままを引き写すのではなく、画面上に自然と同じ価値のものを実現することであり、明確に自然を主観によって再構築することである。」という中村の言葉にあるように、風景全体を中村の視点で捉え写実を基に明るく開放的に描くことが特徴的です。

人間味に溢れ明快な澄んだ色調で「善策張り」といわれる独自の作風を築いています。

一貫して風景画を描き故郷の北海道や疎開先である信州の大自然を郷土愛に満ちた絵を描き高く評価されている画家です。



 中村善策の油彩画のお買取りについて 

                                      

 

いわの美術では、生涯故郷の光景を描き続け日展文部大臣賞や日本芸術院賞を受賞した中村善策の高価お買取に力を入れています。 

中でも油彩画でアルプスなどの壮大な風景を描いたものが人気が高く高額でのお買取りが期待できます。 

美術会で高い評価を得、一水会の重鎮であった中村善策の作品のご売却をご検討でしたら、ぜひ一度いわの美術へご相談ください! 

専門の査定員がお客様から頂いた情報をもとにひとつひとつのお品物を丁寧に拝見させていただき査定致します。

お問い合わせの際は「作家名・作品名・大きさ・付属品の有無」などをお伝えください。

週末などお問い合わせが混み合っている場合はお返事に数日頂く場合がございます。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解の程お願い致します。

ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


 

  絵画のお問い合わせはこちら  

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top