山口華楊の日本画のお買取り致します【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

山口華楊の日本画のお買取り致します

2017.11.16

 山口華楊の日本画のお買取り強化中! 

                                      


作家名:山口華楊 / 作品名:「牡丹花」

 

日本画家・山口玲煕(やまぐちれいき)の弟であり、官展を中心に活躍した日本画家・山口華楊の作品のお買取りを強化致しております。

山口華楊は、京都画壇円山・四条派の伝統的な写実性と近代的西洋絵画の要素を融合させた画風で高い評価を受けた日本を代表する画家の一人です。

特に花鳥画、中でも動物画に長けており現代も高い人気を誇るモチーフですので、弊社でもお買取りに力を入れているお品物です。

骨董品・美術品のお買取りは買取実績豊富ないわの美術にお任せください。査定からお買取りまで一貫して手数料無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 山口華楊とは  

                                      

 

<…山口華楊の略歴…>




山口華楊(やまぐちかよう)は、1899年に京都府京都市中京区で生まれます。

両親は友禅の職人であり、幼いころからその仕事ぶりを見ていた山口は次第に芸術への関心を寄せていきます。 

幼少期より粘土や筆を用いて動物の写生を始め、小学校を卒業する頃には家業を継がせたい父の意思により西村五雲に師事することになりました。

師である西村五雲は動物画や花鳥画に定評があり、山口の後の作風に大きな影響を与えた人物だと言われています。しかし病弱であった西村は今後長く指導を続けることが困難と判断し、山口に京都市立絵画専門学校への入学をすすめました。

そして1916年に同校へ入学した山口は早くも頭角を現し、同年第10回日展へ出品した「日午」が初入選を果たし注目を浴びました。

1927年からは帝展で2年連続して特選を獲得し、写実的で優美な動物を描いた作風から「動物画家」と称されその名を広く知らしめることとなります。

以後も官展を中心に活躍し、1936年からは母校・京都市立絵画専門学校で教鞭を執り後進の育成にも力を注ぎました。

さらに新文展や日展での審査委員を務め、1950年に日展参事、1951年には京都日本画家協会理事長に就任し画壇の重鎮として活躍しました。

日本画壇の発展に大きく寄与した山口のこれらの功績が認められ勲三等瑞宝章、文化功労者、文化勲章を受章し京都市名誉市民となっています。

花鳥画、動物画を一貫して描き、異彩を放った山口華楊は現在も高い人気を誇る作家です。

 


<…山口華楊の作風…>




山口華楊は円山・四条派の伝統的な写生性を重んじ、その上に西洋近代絵画の手法を取り入れることで近代的な構成をもつ独特の作風を完成させました。

図書館に通いつめ絵画の研究に余念のなかった山口は鈴木其一や琳派の影響も受けています。

そんな山口の作品で特徴的なのが構図の取り方と色彩です。

1954年に発表された代表作の一つである「黒豹」は、実際に動物園でのスケッチを重ね最も黒豹が映える構図を模索していました。その内に上から俯瞰する形が最も美しく見えると実際に模型を作り制作に当たったようです。

斬新で理知的な構図から描かれる色鮮やかな花鳥画、動物画は大変人気があるお品物です。

 

初期の作品は墨色で落款が押されており、晩年には金色へと変わっております。

山口華楊の作品をお持ちでしたら、いわの美術までお気軽にお問い合わせください。

 


 


 

 

  絵画のお問い合わせはこちら  

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top