ラリックのガラス作品のお買取り致します【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ラリックのガラス作品のお買取り致します

2017.12.7

 ラリックのセイロンのお買取り致します


   作家名       ルネ・ラリック   
作品名 セイロン
種類 花瓶

現在いわの美術ではラリックのお買取りを強化致しております。

ルネ・ラリックによって設立されたフランスの高級クリスタルブランドメーカーのラリックは、一点一点が職人の手によって造られており、そのクオリティと美しさから世界中で人気のあるお品物です。

そんなラリックの作品をお持ちでご売却をお考えでしたらぜひ一度弊社にお問い合わせください。

今回の記事では高価買取のポイントや、ラリックについて簡単にご紹介させていただきます。ご売却をお考えのお客様のお役に立てれば幸いです。



骨董品・美術品のお買取りは いわの美術 にお任せください!

 

骨董品・美術品のご売却をお考えでしたらお気軽にお問い合わせください。 

お問い合わせはお電話メールLINEにて承っております。

(営業時間 9:00~19:00 年中無休)

      

(アイコンから直接お問い合わせいただけます)





 高額買取のポイント

ラリックの作品は多岐にわたり、花器、香水瓶、テーブルウェア、オーナメント、リトグラフやドアなど様々ございます。高品質でデザイン性に富んだラリックのこれらの作品はモデルを問わず世界中にコレクターが存在しているため、弊社でも高額でのお買取りをさせていただいております。

しかしながら中には査定ポイントを満たしておらずマイナスの査定がついてしまうこともあり、減額対象となってしまう場合もございます。

ご売却の前にお客様に一度ご確認頂きたい点などを以下にまとめましたのでご参照ください。


・状態

お買取り全般の基本ではございますが、特に洋食器では状態が重要です。

割れ、欠け、キズなどはもちろんのこと、未使用品や未開封品であるかなどもチェックポイントです。未開封品ですとプラス査定となりますので高額でのお買取りが見込めますが、もちろん開封済みのお品物や小傷のあるお品物のお買取り対象ですのでご安心ください。


・付属品の有無

ラリックは大変人気のお品物で市場でも高額で売買されておりますので、贋作も多く流通しています。そのため本物の証明となる箱や保証書などの付属品が一緒に保管されていると査定額が上がり

やすいです。 


人気の高いお品物

 非常に多作なことでも知られているラリックの作品で人気のお品物は花器や香水瓶です。

また、女性や動物などのモチーフが市場では特に人気のお品物です。

ラリックの代表的な作品である「バッカスの巫女たち」やアールデコ期の作品は特にお買取りに力を入れておりますので、ご売却をお考えでしたらぜひお問い合わせくださいませ。



 作家について 

ルネ・ラリック Rene Lalique(1860-1945)

19世紀フランスのアール・ヌーヴォーからアール・デコ期にかけて活躍したガラス工芸家でジュエリーデザイナーです。

40代までジュエリーデザイナーとして才能を発揮し、50代からの晩年はガラス工芸作品を制作し一世を風靡しました。

ラリックは1860年にフランス・シャンパーニュ地方の村に生まれ、広大な自然の中で幼年期を過ごしました。

1876年、16歳の時に父が亡くなり宝飾職人に弟子入りをしたラリックはルーヴル美術館の側で制作を始めます。

日々最先端の芸術や文化など様々な刺激を受けながら制作したラリックのジュエリーデザインは非常に斬新で当時爆発的な人気を生みました。カルティエなど名だたる高級ブランドへ作品を提供しフランスの大女優や石油王などのバックアップもあり大成功を納め1897年にレジオンドヌール顕彰も受賞したラリックでしたが、新たな可能性への挑戦を始めます。

それが今日ラリックで最も人気のある作品の一つである香水瓶の制作です。

当初はラベルデザインのみの依頼を受けていましたが、自ら香水瓶の制作を請け負いその後ジュエリーデザインをすることなくガラス作品の制作に没頭していきました。

1925年に開催されたパリ万国博覧会(アール・デコ博覧会)ではラリックに1つのパビリオンが与えられた程の人気を誇っており、幾何学的構成の文様や奇形を採用しアールデコの流行の一躍を担ったとされています。

その後、ホテルや列車内などの空間演出へと活躍の場を拡げたラリックは日本でも1932年に現在の東京都庭園美術館のガラス扉やシャンデリアなどの製作を担うなど才能を発揮していました。

1945年にラリックが亡くなった後は息子や孫娘が事業を引き継いでいましたが、世界的な香水瓶メーカーであるポシェ社へ株を売却し傘下に下りました。

現在も有数の高級クリスタルガラスメーカーとして世界中で高い知名度と人気を誇っています。



 画風と特徴


1920年代から娘・スザンヌのデザインの作品もラリック名義で発表されているため作風の幅は極めて広いといわれています。

テーブルウェアや花瓶、香水瓶の他、レストラン、ホテル、邸宅の装飾など様々なデザイン・作品制作をしていることからもそのバラエティの豊かさが伺えます。

また、ラリックは作品一つ一つをハンドメイド生産しているため高品質で稀少です。

世界中にラリックのコレクターが存在しており市場でも人気がありますのですので、高額でのお買取りが期待できるお品物です。



 おわりに 

いわの美術では骨董品・美術品としての価値を持つラリックの お買取りを強化致しております。

また、ラリックの作品の他にも、ガレ、ドーム兄弟、マイセンクリスタル、バカラ、ベネチアンガラスなどのガラス工芸美術品のお買取りを致しております。

ご不明点やお買取りのご依頼などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top