企画展「清方と祝う正月」に行ってきました!(鏑木清方記念美術館)【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

企画展「清方と祝う正月」に行ってきました!(鏑木清方記念美術館)

2017.12.12

企画展「清方と祝う正月」に行ってきました!

 

 

年の瀬も迫りつつありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は神奈川県鎌倉市にある鏑木清方記念美術館で開催されている

企画展「清方と祝う正月」に行ってきました。

今回は本企画展概要と行ってみた感想をご紹介したいと思います。


<会場概要>

■会場:鏑木清方記念美術館 ■最寄り駅:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅から徒歩7分

■会期:平成29年12月8日(金)〜平成20年1月14日(日)

■会館時間:9時~17時(※入館は閉館30分前まで)

■観覧料:企画展(一般200円 小・中学生100円)特別展(一般300円 小・中学生150円)

■休館日:月曜日、年末年始(12月29日~1月3日)



< 展示概要 >

鏑木清方は、正月を迎えると氏神様や七福神へ詣でたり、書初めをしたりして新春の吉事や慣わしを楽しみました。

正月二日の仕事始めには、硯や絵貝皿を清めて心新たに絵を描き、弟子の伊藤深水や寺島紫明らとの新年会の為に、肉筆の羽子板も用意しました。

そして身近な人々と新春を祝うだけでなく、

正月で賑わう街やそこに集まった人々の様子を取材し、趣豊かな作品を描きました。

また、明治から昭和にかけての東京の正月など

季節の風物を随筆に書き残しました。


本展覧会では、新春の風情を描いた作品や口絵、清方作品をもとに名押絵師・永井周山が意匠化した押絵羽子板《明治風俗十二ヶ月》なども展示し、正月を祝う清方の心情を随筆から紹介いたします。


(公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団/鎌倉市鏑木清方記念美術館 企画展「清方と祝う正月」チラシ裏概要文引用)



< 作家概要 >

鏑木清方  Kiyokata Kaburaki(1878~1972)

鏑木清方は明治から昭和にかけて美人画、風俗画を題材にした作品を多く発表し活躍した日本画家です。

明治11年(1878)に東京都神田に生まれた鏑木清方の父は東京日日新聞(現・毎日新聞)の創始者の一人であり文人の條野採菊(じょうのさいぎく)でした。

父の影響もあって幼少期から文芸に親しんで育った清方は挿絵画家を目指し、浮世絵の流れを汲む水野年方に師事した後「清方」の号を授けられます。

そして挿絵画家として泉鏡花『三枚續』の口絵と装幀などを手がけ活躍した後に日本画へと転向しました。

なめらかな線で描かれた清方の優美な美人画は、美人画の新たな道を切り拓いたとして昭和29年(1896)に文化勲章を受章しています。

また、清方は文才にも富んでおり、「こしかたの記」などの随筆集も多く発表しています。

日本画家・随筆家として高い知名度を誇り、「西の上村松園、東の鏑木清方」と称される近代美人画の巨匠です。


 

 < 感想 >

観光客で賑わう小町通りを一本入った閑静な住宅街の中に、鏑木清方記念美術館はあります。

建物は昔ながらの風情ある日本家屋で、館内は静かで落ち着いた雰囲気でした。

そして、なんといっても驚くのは入館料の安さ…!大人一人200円でじっくり鏑木清方の作品を堪能できるお手軽さにまず驚き。

展示作品数自体は多くないので鎌倉に観光・お散歩の際にぶらりと立ち寄るのにおすすめな美術館です。


さて、今回の企画展「清方と祝う正月」ですが、

展示内容は口絵、押絵羽子板、軸、額、雑誌付録の双六、スケッチ、風呂敷、ふくさなど計62点が展示されています。


中でも特に印象的だったのが今回のメイン展示であろう押絵師・永井周山が意匠化した押絵羽子板《明治風俗十二ヶ月》
(画像左5.《花見(四月) 》画像右6.《平土間11月》企画展「清方と祝う正月」チラシより)

1月から12月までの鏑木清方の原画と永井周山の押絵羽子板を比較展示してあり、鏑木清方の作品の優美さ、そして永井周山の押絵羽子板の技巧に魅了されます。
立体になったことによる華やかさ、布の温かみにより清方の作品を身近に感じることができます。

うーん、それにしても着物の合わせがおしゃれ!
着物のコーディネートを見るのも日本画を見る楽しみの一つですよね。
そして、私が日本画を見る際にもう一つ注目してしまうのが女性の動作描写です。
履物を履く為に浮かした足の動作によりはだけた裾だったり、風に揺れる袖の重量感やひじに集まった布の皺によって隙というか、そういった生活感に色気を感じます。
ピシっとまとまっているのも綺麗ですが、少しの抜け感によって生まれる親近感のある美しさが素敵。
そういった繊細な動作によって表れる女性の美を切り取る描写は日本画独特のように思います。 
 

この他にも今回の企画展ではお正月をテーマにしているということで、冬の描写の作品も多く展示されており、鏑木清方の描く美人画の白磁のような滑らかな美しさと冬の冷たさが合わさると儚さが増しつい見とれてしまいました。

 


そしてそして、お土産にポストカード三枚購入。

こちらもお手軽価格、ばら売りで一枚88円~100円ほどでした。

 

《夏の生活》(部分)

 

《紅葉》

 

《京橋金沢亭》

 

 見事に今回の企画展に関係のない三枚ですね。

 

 

そしてこちらは次回企画展「鏑木清方 幻想と文学-明治・大正の文学者とのかかわえり-」のチラシ裏に掲載されている作品(1.《二人静》2.小杉天外著《魔風恋風 中編》木版口絵)

次回の展示も楽しみになる作品群です。

 

 

 < おまけ >

久々の鎌倉だったので美術館へ行ったついでに鶴岡八幡宮へお参りに行ってきました!

鶴岡八幡宮の参道若宮大路の中央に一段高く造られた段葛こちらのお写真は二の鳥居



平日でしたが多くの修学旅行生や観光客で賑わいを見せており活気がありました。

鎌倉幕府 初代将軍である源頼朝ゆかりの神社として仕事運、勝負運、出世運にご利益があるそうですよ~。

朱色の漆塗りと銅葺屋根の格調高いご本殿は国の重要文化財に指定されている立派な建物です。建物の美しさだけでも見る価値がありますね。



 緑溢れる広い敷地には手入れされた池やお庭があるのでゆっくりと散策されてはいかがでしょうか。史跡なども点在しており歴史好きの方は特に楽しめるスポットおすすめです。




骨董品・美術品のお買取りは いわの美術 にお任せください!

 

骨董品・美術品のご売却をお考えでしたらお気軽にお問い合わせください。 

お問い合わせはお電話メールLINEにて承っております。

(営業時間 9:00~19:00 年中無休)

     

 


お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top