田辺至の油彩画のお買取り致します【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

田辺至の油彩画のお買取り致します

2017.11.30

  田辺至の油彩画買取を強化致しております 


   作家名       田辺至   
作品名 ばら
技法 油彩 

明治から昭和にかけて主に官展で活躍した田辺至(たなべいたる)の油彩画のお買取りを強化致しております。

田辺至は現在も中古市場で高い人気を誇る作家であるため、高額でのお買取りが期待できます。

今回は田辺至の高額買取のポイントをご紹介いたしますので、よろしければご参照ください。


骨董品・美術品のお買取りは いわの美術 にお任せください!

 

骨董品・美術品のご売却をお考えでしたらお気軽にお問い合わせください。 

お問い合わせはお電話メールLINEにて承っております。

(営業時間 9:00~19:00 年中無休)

    

フリーダイヤル:0120-226-590





 高額買取のポイント


  •  人気のモチーフ

静物や人物画がモチーフの作品が人気の田辺至ですが、中でも「薔薇」「裸婦」が人気の高いモチーフです。

色とりどりの薔薇とあざやかな花瓶の描かれた華やかですが落ち着いた雰囲気があり、高く評価されています。

また、健康的な肢体を横たわらせた裸婦画も晩年に評価され田辺の代表的なモチーフとして人気があるためこれらモチーフのお品物は高額でのお買取りが予想されます。

風景画などにも非常に人気の作品は多数ございますので、お手元の作品の価値をお知りになりたい場合はお気軽にお問い合わせください。


  •  技法

油彩画作品を多く発表し、高く評価された作家であるため油彩作品以外の技法で描かれた作品ですと少々お値段帯が変化致します。ペン、素描などの作品もありますが、高額買取が期待できるお品物は油彩画作品です。

田辺は銅版画も制作しておりましたが、市場に出回る事が少なく稀少性の高いお品物です。


  •  サインの有無
作家サインがある場合、作品の価値が上がるためお買取り価格も高額になることが予想されます。多くの場合サインは作品の端キャンバス裏付属の箱などにございます。
田辺至のサインは「IT」「I.Tanabe」ですので、ぜひお手持ちの作品のサインの有無をご確認下さい。



 作家について

田辺至 Itaru Tanabe

父は開成中学校などを創設した田辺新之助、兄は著名な哲学者である田辺元

1886年に東京都神田に生まれた田辺至は、東京美術学校西洋学科に入学しました。

同校在学中に黒田清輝に師事し、卒業後には研究科で黒田清輝の助手となります。

作品は主に官展へ出品しており、二科会の創設に参加していましたがすぐに脱退しています。

第一回文展に入選を果たすと代表作となる「ギター」や「七面鳥を飼う人」でも特選を獲得し作品は高く評価されました。

そして、1919年 田辺は32歳という若さで東京美術学校助教授に就任し、才能。

さらに1222年から二年間文部省在外研究員としてヨーロッパへ留学し、日本へエッチングの技法先駆けて広めました。

第8回帝展へ出品した「裸体」では帝国美術員賞を獲得し、東京美術学校では28年間に渡り教鞭を執り後進の指導に当たりました。

戦争下では従軍画家として戦争記録を制作など活躍を重ねていましたが、戦後は団体に所属せず、鎌倉美術クラブを設立するなど自適な生活を送りました。

  


 画風と特徴

写実性をもち印象派的な上品さを兼ね備えています。

明るく柔らかい光を受けたモチーフは穏やかな色彩ですが、やや厚塗りのタッチで描かれているため存在感や重量感があります。




 おわりに 

 

田辺至の油彩画のお買取をご希望でしたらお気軽にお問い合わせください。また、何かご不明点や疑問点がございましたらフリーダイヤル・オンライン査定・LINEなどからお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top