一ノ瀬宗辰の香炉のお買取り致します【2018年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

一ノ瀬宗辰の香炉のお買取り致します

2018.1.18

 一ノ瀬宗辰の香炉のお買取り致します!

 

 

   作家名   

 一ノ瀬宗辰(いちのせそうしん)

作品名 唐銅 朝鮮風炉 真形釜添



 一ノ瀬宗辰について


高岡銅器発祥の地である富山県高岡市で、鋳銅風炉師である一ノ瀬の家系で代々襲名されている名が「一ノ瀬宗辰」です。一ノ瀬宗辰の歴史は明治8(1875)年に初代である一ノ瀬長太郎が鋳銅業を始めたことに起因します。


事業は二代目・一ノ瀬宗辰(宗衛門)へと引き継がれ、明治23(1890)年に「亀文堂」の波多野正平のもとで昭和初期まで隠れ職人として茶器、花器、香炉等の制作に熱心に取り組みました。

漢銅器を研究し名工と名高かった二代目一ノ瀬宗辰は多くの誉れ高い賞を受賞しており、その受賞歴は日英同盟博覧会 金賞に始まり、万国博覧会、商工展、文展、帝展等で特賞及び大賞を受賞し名実共に日本を代表する鋳物師となりました。その後高岡銅器の振興のため後進の指導に尽力し今日の基盤を築きました。


二代目の技術を受け継いだ三代目・一ノ瀬宗辰(辰男)は京都で茶道を習い、京銅器、茶器、花器等の制作に励み金工と着色の枠を学び日々研鑽を積みました。

三代目もまた高い技術力が認められ、日本美術茶器・花器振興展に出品し、昭和38(1963)年と48(1973)年に文部大臣賞を受賞しています。


四代目・一ノ瀬宗辰(新太郎)は歴代宗辰の秘儀を受け継ぎ、古美術や茶道具を蒐集、研鑽しこれを製作に応用しています。現在は富山県作家協会会員、高岡市美術作家連盟会員、高岡市美術友の会理事として活躍中です。



 高価買取のポイント


一ノ瀬宗辰の作品の高価買取のポイントと致しましては、箱などの付属品の有無が重要になります。

作品が納められている箱は書付箱や共箱と呼ばれ、蓋の外側または内側に作家、作品名、時代などの情報が記されており保証書のような役割を果たします。

他にも美術品として箱も含め一つの作品と見る場合もございますので、箱の有無は重要なポイントとなります。

箱のないお品物の価値は本来の半分以下になることも少なくありませんので大切に保管なさってください。

 



 おわりに 

 

いわの美術では一ノ瀬宗辰の香炉のお買取りに力を入れています!

もちろん、香炉以外の茶器や花器なども同様に買取強化対象となりますのでお手元にご処分をお考えのお品物がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お品物は弊社所属の専門の査定員が拝見させていただき、査定をお知らせさせて頂きます。お品物の数や御内容によって無料出張買取も致しておりますのでまずはお電話・メール・LINE等でご連絡下さい。


骨董品・美術品のお買取りは、買取実績豊富ないわの美術にお任せください! 

 

 

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top