ライカMシリーズのお買取り致します【2018年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ライカMシリーズのお買取り致します

2018.1.20

 

ライカMシリーズのお買取り強化中です!

 

 メーカー 

 ライカ(Leica)

型番 M6


アマチュアカメラマンからプロカメラマンまで愛用者が多く、世界中の人々を魅了しているカメラである「ライカ」に一度は憧れをもった方も多いのではないでしょうか。

現在いわの美術では「世界中で最も愛されているカメラ」ともいわれているライカの人気シリーズであるMシリーズライカのお買取りを強化致しております。

ジャンク品でもお買取り可能ですのでご処分をお考えでしたら、いわの美術にお問い合わせください。専門のスタッフがお客様の大切なお品物を拝見させていただきます。



 イカとは

 

< ライカの歴史 >


ライカはドイツのカメラメーカーから発売されているカメラですが、

1849年にドイツの光学技術者であるカール・ケルナーが設立した顕微鏡メーカー オプティシェス・インスティトゥートから始まりました。

ライカの前身となる会社は顕微鏡製造工場だったんです。

この工場カール・ケルナーが代表を務めている間は順調に運営されていましたがケルナーの死後、後継者達に事業が引き継がれると経営は次第に傾いていきました。


そんな苦境に立たされたオプティシェス・インスティトゥートの窮地を救う存在となったのが1865年に入社したエルンスト・ライツ (Ernst Leitz) 1世です。

前職での経験から効率的な生産方法を提案・実施するとみるみるうちに業績は回復してゆきました。ライツ1世は生産方法の改善を続けたこともあり業績は順調に推移し、入社4年目にしてオーナーに就任、その後様々な経緯を経て社名もエルンスト・ライツ(Ernst Leitz)社へと変更されました。


そして、1905年にカメラ産業に参入したことでライカのカメラ作りは始まります。

映画機械試験部長として入社したオスカー・バルナック世界で初めて35mm映画用フィルムを使用するカメラを発想し、ライカカメラの原型ともいえる「ウル・ライカ」を製作しました。

その後事業はエルンスト・ライツ2世へと継がれ、戦後の大不況の中でも失業者を出してはいけないという信念から、ライツ1世があまり注力していなかったカメラ事業をメイン事業として展開していきます。周囲の猛反対を押し切る形でカメラの製品化、発売へと乗り出したのです。


本格的にカメラ産業での事業を展開するにあたり、従来の重くて撮影への負担の大きかったカメラの概念を払拭するため小型で軽量、機動性に富んだカメラを開発し、1925年に「ライプチッヒ見本市」へ、社名の「ライツ」と「カメラ」の頭をとり、「ライカ」と命名した量産機500台を出品します。

この展示会で大きな反響を得たライカは瞬く間にカメラ業界を牽引していく存在となり、現在では「もしライカが生まれなければ35mmカメラの誕生ははるかに遅れていたかもしれない、もしくは生まれなかったかもしれなかった」とまで言われています。


このように様々な苦境を乗り越えライカは、カメラの歴史を作ったというブランドイメージ、機動性、描写力、デザイン性など様々な戦略により今日高級カメラメーカとしての確固たる地位が築かれました。



< Mシリーズとは? >

MシステムM型などと呼ばれており1954年に発表された「M3」のフィルムカメラから始まり、2017年から現在も販売されているデジタルカメラの「M10」がMシリーズのカメラで、「ライカといえばMシリーズ」という人も多い代表的なカメラです。


このシリーズはレンジファインダー式を採用していることが最大の特徴です。

レンジファインダーとは「距離計」という意味で、レンズを交換式距離計搭載カメラということになります。撮影するたびに距離計を使って対象とのピントを合わせて…という作業すごく面倒に感じてしまいますよね。しかしこれが逆転の発想で、全体もしくはある程度の距離でピントを固定したままにして対象により微調整するという使い方が多いので、設定を気にすることなく撮影に集中できるといいます。


このようにシャッターチャンスを逃すことがなくなるというだけでなく、レンジファインダー式によって、写真に写らない範囲もファインダーな内で確認可能なため広い視野で対象を見ることができるようになり、シャッターが下りる瞬間にブラックアウトしないというメリットがあります。

ほぼ肉眼と同じ視界となるためリアルで自然に描写することが可能となりました。




 高価買取のポイント

ライカはその歴史や機能性、ボディのデザイン性の高さなどから根強いファンが多く、愛好者の他コレクターも非常に多い為ジャンク品やレンズのみであってもお買取りが可能なお品物です。


ライカは限定モデルが多彩なことでも知られており中古市場では通常モデルよりも高額でお取引されていることが多いです。限定モデルは、軍艦部の刻印または塗装が異なることが特徴ですのでご確認ください。

中でもオリーブカラーの軍用カメラ100周年記念モデルなどが人気のお品物です。


査定をご希望のお客様は、お写真と共に型番や状態などできるだけ詳細な情報をお伝えいただきますようお願いいたします。

箱や付属品の有無によっても査定額は大きく変わりますので、現在ご売却をお考えでないお客様も紛失やカビなどが発生しないよう大切に保管されますことをお勧めいたします。



 おわりに 

 

いわの美術ではライカのMシリーズのお買取りに力を入れています!

お買取り価格は状態や市場相場などによって変動致しますが、レンズのみやジャンク品などもお買取り可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

いわの美術では専門の査定員がお客様の大事なお品物を拝見させていただき、無料でお見積りからお買取りまで致しております。

骨董品・美術品のお買取りは買取実績豊富ないわの美術にお任せください!

 


 

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top