堂本印象の日本画のお買取り致します【2018年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

堂本印象の日本画のお買取り致します

2018.1.25

 

堂本印象の日本画のお買取り強化中!

 



 堂本印象とは

略歴 :堂本 印象(どうもと いんしょう) 

堂本印象とは大正から昭和にかけて活躍した近代日本画家です。

1891年に京都市に9人兄弟の3男として生まれました。父は酒造業を営む一方で芸術への造詣が深く、近隣の松岡鉄斎ら芸術家との親交のある人でした。

そんな家庭環境で育った印象は読書や絵画を好み、京都市立美術工芸学校図案科を卒業した後に画家を志しますが父が事業に失敗し廃業、さらに印象が20歳の時に父が他界してしまったため既に家を離れていた二人の兄に代わって家計を支えるべく西陣織の工房で図案描きの仕事に就きます。

その後も苦心してようやく1918年に27歳で京都市立絵画専門学校へ進学し、卒業後は西山翠嶂に師事しました。

 

本格的に画家としての活動を始めてすぐに頭角を現し、第1回帝展での『深草』の入選を皮切りに第3回『調鞠図』が特選、第6回『華厳』が帝国美術院賞を受賞するなど印象の才能は認められ着実に日本画壇での地位を築いていきました。

帝展や日展など官展を中心に活動を展開し、その後は審査員をしばらく務め京都画壇の中心的存在になった印象は1933年に画塾・東丘者を創設した他、1936年に京都市立絵画専門学校の教授に就任し後進の指導にも力を入れています。


昭和初期は印象が最も躍進した時期で、仁和寺や東福寺など数多くの寺院の障壁画を制作・奉納し宗教画家として活躍します。

そして、戦後はヨーロッパへ渡り西洋画の表現を取り入れたこれまでの作風と一転して抽象的絵画を手がけ周囲を驚かせました。

印象は非常に多作であることでも知られており、日本画、彫刻、ガラス、金工、建築など幅広い分野で独自の世界観を表現しています。



 高価買取のポイント

堂本印象の作品群のお買取りでは制作年代(作風)状態が重要なポイントとなります。

現在の市場では戦後の西洋的要素の入った作品よりも戦前の繊細優美な風景画や静物画が好まれる傾向にあります。

また、日本画だけでなく茶碗などの陶芸作品も比較的人気の高いお品物です。

シミや傷などのないものが査定もプラスとなりますが、箱や保証書などの付属品の有無も非常に重要なポイントです。

陶芸作品の場合は箱と共に書付なども査定の際に影響しますので、出来るだけ詳細なお品物情報を頂けますとスムーズに査定員へお繋ぎできます。



 おわりに 

 

只今、いわの美術では堂本印象作品の高価買取りに力を入れています!

お買取り価格は状態や市場相場などによって変動致しますが、シミや日焼けなどがある場合もお買取り可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

弊社所属の専門の査定員がお客様の大事なお品物を拝見させていただきます。

骨董品・美術品のお買取りは、いわの美術にお任せください!

 


お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top