ミッシェル・ドラクロワの作品お買取りいたします。【2019年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ミッシェル・ドラクロワの作品お買取りいたします。

2019.1.10

お買い取りしたミッシェル・ドラクロワのPhotography

ミッシェル・ドラクロワ『Photography

写真の油彩画はいわの美術でお買い取りしたミッシェル・ドラクロワの『Photography』です。

淡く優しい色使いの背景の中に人物を暗めに描くことにより、独特の世界観を作り上げています。

ミッシェル・ドラクロワ自身の記憶を描き、人々が愛する古き良き時代のパリの世界を感じさせてくれる作品です。


ミッシェル・ドラクロワ

ミッシェル・ドラクロワは、現代画家として最高位のナイトの称号を持つフランスを代表する巨匠で、素朴さが特徴のナイーブアートに分類され、フランスのアーバン・フォークアートとも呼ばれています。


生い立ち

ミッシェル・ドラクロワは1933年パリで生まれ、ナチスドイツのパリ占領が始まった頃の7歳の初めに絵を描き始めました。

占領された時、パリは突然静かになり暗闇に包まれましたが、ミッシェル・ドラクロワはまだ幼かったので戦争の残酷さと不条理の理解を免れ、「魔法の劇場」として大冒険のような時間を過ごしたそうです。

占領中のパリは自動車や街灯がほとんどなく街は静かで孤立していたので人々は恐れていましたがお互いを思いやる温かみがありました。

ミッシェル・ドラクロワの買い取り作品

今でもミッシェル・ドラクロワ描く町並みは現代の大都会ではなく、彼の記憶の中の少年時代のシンプルなパリを見せています。


ミッシェル・ドラクロワはパリのエコール・デ・ボザールで勉強し、モネの印象派、スーラの後期印象派、ゴーギャン、ゴッホなどの絵画スタイルを試行錯誤した後に、35歳の時に独自のスタイルを築き上げました。


作風

ミッシェル・ドラクロワの作品は観察ではなく気分と記憶によって修正され、カラーパレットは自然と現実からではなく雰囲気と感情からインスピレーションを受けています。

人物の顔は意図的に簡略に、時には空白に描かれ、それは当時の大きくかさばるカメラで撮った家族写真のように、遅いシャッターの為に動かずにじっと固まっている大切な時間のようにも見えます。


1950年 マルセル・マルソーと共に舞台美術の仕事に携わる

1966年 ドイツで教授に選出される

1978年 現代画家として最高位のナイトの称号を授与

1980年 アメリカの招待を受け渡米

1993年 フランスへ帰国、以来定住し制作活動

1996年 アトランタ・オリンピック公認アーティストに選出

1998年 フランス・ワールドカップ公式ポスターの制作


ミッシェル・ドラクロワの現在

現在80歳代のミッシェル・ドラクロワは、毎朝自分のスタジオで絵を描き、午後は庭の手入れをして活動を続け、欧米や日本など世界中で展覧会を開催しています。

お買い取りしたミッシェル・ドラクロワのPhotography


いわの美術ではミッシェル・ドラクロワの作品を多数お買取りいたしており、最近では『Photography』の他に『サンマロ街』、『夜のダンス』など実績豊富です。

『Photography』のように肉筆の油彩画は特に高価でのお取引が期待できます。
リトグラフやシルクスクリーンなどの版画作品も人気が高く、お買取強化中です。



ミッシェル・ドラクロワの作品お買取りいたします

いわの美術では美術品・骨董品を中心にお買取りを行っており、中古美術市場で人気の高いお品物を幅広くお取り扱いしております。

ご売却の場合は、作品タイトル・エディションナンバー・販売元の保証書などが査定を左右してまいります。人気のお品かつ状態の良いお品物は高値でのお買取りが期待できます。

お買取り経験豊富な査定員が拝見し、市場を鑑みた最高値をご提示できるよう尽力いたします。


お問合せはお電話・メール・LINEにて随時受付中です。メール・LINEにてお写真をお送り頂きますと、オンライン無料査定が可能となり推奨いたします。


混雑時には順次の回答となります旨をご承知おき頂ければ幸いです。お客様からのお問合せをお待ちしております。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top