ヴィクトル・ヴァザルリのシルクスクリーンのお買取り致します【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ヴィクトル・ヴァザルリのシルクスクリーンのお買取り致します

2017.8.26

ヴィクトル・ヴァザルリのシルクスクリーンのお買取り致します


近年、錯視や特別な視覚効果を与えるいわゆる「だまし絵」が発達し、これを利用した美術作品が評価され、人気を博しております。

シルクスクリーンとは孔版画の技法の内の一種のことで、インクが通過する穴とインクが通過しないところを製版し、印刷する技法のことをいいます。

シルクを使うかどうかに関わらず、メッシュを使うものは全てこれに属します。


現在、いわの美術ではヴィクトル・ヴァザルリのシルクスクリーン作品のお買取り強化中です。

ご売却をご検討の際は、是非一度シルクスクリーン作品に強いいわの美術までご一報ください!


ヴィクトル・ヴァザルリについて

ヴィクトル・ヴァザルリ(Victor Vasarely)は1960年代に急速に発達した錯視効果を利用し、作品に二次元から三次元への立体的、流動的な表現技法を利用した、オプ・アート作品の父として代表するハンガリー出身の芸術家です。




オプ・アートについて

オプ(オプティカル)・アートとは、作品の絵や、対象物が動的に伸縮したり、浮き上がって見え「めまい」などの視覚感覚を閲覧者に与えるような作品のことをいい、1964年に「タイム誌」が初めてオプティカル・アートのことを「オプ・アート」という言葉にしたとされております。


注視していると、隠れた図柄が立体的に見えたり、色調に濃い淡いなどの変化や絵が動いているような印象を抱かせます。

人の視覚感覚に新しい変化をもたらしてくれるオプ・アート作品は、人々に次々と新しい感覚を提供していきます。

この中で、特に動的なだまし効果の顕著なもののことを「動く美術」を呼称する「キネティック・アート」として評価されております。





ヴィクトル・ヴァザルリのシルクスクリーンのお買取りについて

ヴィクトル・ヴァザルリ(Victor Vasarely)の作品は美術品市場でも人気が高く、高価買取が期待できます。その中で、作品自体の大きさ、作品番号、色合いや作品の状態などが査定に響くポイントとなっております。


お問い合わせの際、タイトル、大きさ、作品番号をお伝え頂ければ査定まで、流れ良くご案内可能となっております。詳しい評価額の算出ご希望の方は、HPのお問い合わせフォームから予め、お写真を撮っていただき、送っていただければ詳細な査定額がご提示頂けますので、こちらもご利用ください。


ヴィクトル・ヴァザルリのシルクスクリーンの売却をご検討中の方は、美術品のお買取りに強い、いわの美術を是非ご利用ください!


版画のお買取りはコチラ!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top