室井東志生の美人画をお買取りいたします。【2020年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

室井東志生の美人画をお買取りいたします。

2020.3.24

 

写真の日本画は、いわの美術でお買取りした室井東志生による美人画です。

室井 東志生 むろい としお
本名・室井 利夫
1935年~2012年
日本画家

室井東志生の描く美人画は、凜とした気品と色香を漂わせています。

舞妓の絵を得意としている他、歌舞伎役者の坂東玉三郎に惚れ込んで描き続けていました。


 略歴

室井東志生は福島に生まれ、東京の美術学校に進みますが体調を崩したことから福島に帰ります。


帰郷後は中学教師として働きながら絵も続け、県総合美術展覧会での出品をきっかけに、審査員で同じ福島出身の画家大山忠作と親しくなりました。


大山忠作の紹介で、23歳の時に再び上京し橋本明治に師事することになります。


橋本明治の描く人物画や美人画は端正で造形的な人物表現が美しく、室井東志生もその特色を受け継ぎました。


2年後の新日展で初入選し、以後毎年入選を重ねます。


古美術の研究にも熱心に取り組み、1967年 法隆寺金堂壁画の模写事業に橋本明治の班で参加、また1969年の皇居新宮殿正殿松の間杉戸絵「桜」制作にも橋本明治の助手として参加していました。


同じ年の1969年には日展で特選・白寿賞を受賞するなど、日展を中心に名声を上げ、更には内閣総理大臣賞を受賞し日本画界の中心人物となります。


 人物描写

室井東志生は特に舞妓を好んで描いており、京都の祇園へ足繁く取材に通っていたそうです。


舞妓の絵はとても人気が高く、内閣総理大臣賞を得た作品も舞妓と孔雀を描いた『青曄』でした。


また舞妓に限らず美しい日本人女性を描き続け、気品のある中に妖しさをはらんだ不思議な魅力があります。


綺麗なものが好きで、一目見ただけで歌舞伎役者の坂東玉三郎の魅力に惚れ込み、何度断られてもモデルになって欲しいと懇願し、ついには粘り勝ちで楽屋に出入りを許されることとなります。


坂東玉三郎の美しさを表現したい、という取り組みは室井東志生のライフワークとなりました。


親交も深め、2004年の11代目市川海老蔵の襲名披露の際に坂東玉三郎が使用した牡丹の打ち掛けは室井東志生が絵付けした作品です。


晩年は坂東玉三郎をテーマにした個展を開催する準備をしていましたが、志半ばで入院することとなり、帰らぬ人となりました。


 高価買取のポイント

室井東志生の日本画は、作品そのものの出来と保管状態にもよりますが、リトグラフであれば発行部数が少ないほうがより良い価格が付く傾向があり、肉筆画は更に希少価値があるので価格が期待できます。


額は破損などがある場合でも、購入時のまま査定にお持ち下さい。

室井東志生の作品は、額に共シールが添付していることが多く、それが本物の証明となります。


価格が気になる方は、作品の出来や保管状態などを考慮した査定が受けられるWEB無料写真査定をご利用下さい。


室井東志生の美人画をお買取りいたします。

いわの美術では室井東志生の美人画をお買取り強化中です。


コレクションの処分や、遺産相続などでご売却をお考えの美人画をお持ちではないでしょうか?


いわの美術が次に必要とされている方へ引き継ぐお手伝いをさせていただきます。


今回お買取りした美人画は肉筆画で60号の大きな作品で、気品があり魅力ある作品で、保管状態も良かったので高価買取となりました。


いわの美術は室井東志生の作品の買取経験が豊富です。


WEB又はLINEで画像を送付していただくことにより、大切な作品を移動することなくお手軽に無料査定を受けることができます。


ご売却はお客様のご納得の場合のみ承っておりますので、安心してご利用下さいませ。


スタッフ一同、ご連絡を心よりお待ちいたしております。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール