黄花梨の筆筒をお買取りいたします。【2020年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

黄花梨の筆筒をお買取りいたします。

2020.2.28

黄花梨の中国美術品をお買取りいたします。


写真のお品物は黄花梨の筆筒です。中国美術に使われる黄花梨(おうかりん)は、木目の美しい唐木の一つで、古来より珍重されてきました。

黄花梨はマメ科ニオイシタンの通称で紫檀の仲間で、ワシントン条約で国際取引が禁止された本紫檀と同様に、新たな伐採と中国国外への持ち出しが禁止されています。

黄花梨は国内取引のみ許容されており、中古市場で需要の高いお品物となっています。


黄花梨と用途について

黄花梨は中国南東部の海南島が原産で、赤味寄りの褐色で、加工に向く硬さと耐久性から家具や工芸品に用いられました。

明代の中国ではすでに高級家具に用いられる高価な銘木として知られ、清代になるとさらに希少となり、王族以外は使用を禁じられるなど超高級品となりました。

また約80年前迄にほとんどの黄花梨は採りつくされ、現在では幻の銘木となっています。

家具ほど多量の原木を必要としない美術工芸品は比較的多く残されており、今回のお品物も中国特有の書道具・筆筒で、筆筒は日本の書道具にはない品物です。

筆筒は乾いた筆を立てておく現在で言うところのペン立ての用途となっており、10~20㎝と保管に場所も取らないため、蔵や倉庫に長く眠っている例が多く見られます。



黄花梨の中国美術・書道具をお買取りいたします!

写真のお品物は全面に猿と蛙の木彫りがなされ、黄花梨の原木の質感が残る素朴な質感も特徴です。

黄花梨の筆筒の場合、表面をツヤ出しした無地のものと、彫刻や象嵌がなされたものと様々なものがあります。

花梨・黄花梨・紫檀など中国書道具のお買取りの際には、木の材質・真贋・彫刻など装飾の美術的価値・箱の有無などがポイントとなります。

唐木の骨董品は中国美術の知識が無いと判別が難しく、希少で高価な品であるにも関わらず、近年では遺品整理の際に廃棄に出されてしまうケースがあり、注意が必要です。


 ご自宅やご実家、蔵や倉庫などに、以前ご家族がお買い求めになった物、贈答品として受け取られた中国の美術工芸品、黄花梨の品物と思しきものがありましたら、ぜひ、いわの美術へお問い合わせくださいませ。

いわの美術では無料査定を実施しております。まずはお問い合わせの上、メール・LINEにてお写真をお送り頂きますと、概算査定額のご案内が可能となります。

お客様からのご連絡をお待ちしております!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール