ピエール・ボナール 『花』お買取りいたします【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ピエール・ボナール 『花』お買取りいたします

2017.8.31

<ピエール・ボナール 『花』お買取りいたします!>


19世紀の後半から20世紀に渡り、フランスで躍進を続けた日常の生活風景画を数多く手がける親密派のフランス画家「ピエール・ボナール」。

いわの美術ではピエール・ボナール作品のお買取り強化をいたしております。

ピエール・ボナール 『花』のご売却を検討中の方は、絵画作品のお買取りを精力的におこなっているいわの美術に是非お電話、もしくはメールにてお問い合わせください!





ピエール・ボナールについて

ピエール・ボナールは1867年にフランスはオー・ド・セーヌ、フォントネー・オー・ローズにて、陸軍のお役人の息子として生まれました。1888年にセジュリエとともにナビ派なる印象派グループを形成。

ピエール・ボナールの絵画は、フランス画家セザンヌの絵画構成に大きく影響を受ける。

また、日本趣味の影響も大きく見られており、画家仲間からはしばしば日本かぶれ、あるいは日本的なナビを意味して「ナビ・ジャポナール」と呼ばれることもあったという。


1925年にマルト(マリア・ブールサン)を妻として、南フランスのル・カネにて別荘を購入。拠点をこことして、フランスだけでなくアメリカ各地にて展覧会にも作品を展示し、成功を収めている。1933年に『花』を発表。1942年に、妻であるマルトが死去。すると1947年、別荘のあるル・カネで死去するまで、ボナールは絵画の制作に全力を注いだ。



ナビ派について

1888年のこと、パリのポール・セジュリエはポスト印象派の画家ポール・ゴーギャンより、色彩の表現方法についてこの様に説かれました。例えば、樹々が赤みを帯びて見えているならば真っ赤な色で表し、影に青みを含んでいるのならきれいな青色を扱う様にと。

セジュリエは、正確に見たものを描くという事を習ってきていた為、ゴーギャンの大胆な色彩感覚に衝撃を受けました。

その日のうちに苦楽を共にしていたピエール・ボナール、エドゥアール・ヴュイヤール、モーリス・ドニ、ポール・ランソンらとゴーギャンの考えを共有し、これらの印象派グループをナビ派というようになりました。彼らは絵画だけにとどまらず、様々な芸術分野でその才能を発揮しました。


ピエール・ボナール 『花』のお買取りについて

いわの美術ではピエール・ボナールの作品のお買取りを強化いたしております。

ピエール・ボナール作品は絵画作品市場でも人気が高く、高価お買取りが期待できます。

額装を含み、絵画の状態が良好ですと、さらに評価額に期待が持てます。

絵画作品にはいわの美術の精鋭スタッフが確実に、スピード査定をいたしております!

ピエール・ボナール 『花』のご売却をご検討されている方は是非一度、いわの美術までお問い合わせください!

お問い合わせの際はお電話、もしくはメールにてお受けしておりますので、美術品のお買取りの得意ないわの美術を是非ご利用ください!



絵画作品のお買取りはこちらから!


お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top