赤猿切手買取ます!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

赤猿切手買取ます!!

2014.8.6

赤猿切手の買取を行っております!!

近年の中国切手のブームはテレビでも特集が組まれ、ご存知の方も多いかと思いますが、その中でも「赤猿」と呼ばれる中国切手が高値で取引されている事も広く知られているかと思います。
この赤猿切手は、1980年に中国が初めて発行した年賀切手という事、干支の発祥の地である中国から発行された事、発行枚数が少ない事で人気が高まり、発売当初から高値で取引されていました。
日本では1950年代の高度経済成長によって切手収集がブームとなり、そこに目をつけた中国政府は外貨獲得の手段として、日本へ大量の切手を流入させるため、中国国内での切手収集を禁止させました。
もちろん、日本に流入した中国切手は高値で取引され、日本にたくさんの中国切手が流通する事になりました。
しかし、日本の切手ブームも終わりを告げ、そのほとんどが眠ったままの状態でコレクターの手に残っていました。
そして、近年の中国の経済成長に伴う富裕層の投機目的のために注目されるようになったのが、赤猿切手を含む昔の中国切手なのです。
中国国内にほとんど残っていない事に目を付けた富裕層たちは投機目的のためにわざわざ日本まで中国切手を買い付けにやってくるのです。
そのため、赤猿切手もどんどん値段が上がったのです。

昔、切手収集をしていて眠ったままになっている方はいらっしゃいませんか?もしかしたらそのコレクションの中に中国の赤猿切手があるかもしれません。
お写真と同じ赤猿切手がございましたら、中国切手の高価買取を行っている、いわの美術までお電話、メールにてお問合せ下さい!!

 

赤猿切手買取について

全ての赤猿切手が高価買取かといったらそうではありません。
切手は、折れ、シワ、ヤケなど小さな傷がありますと買取額はグンと下がってしまいます。
赤猿切手は猿の顔面に金の塗料を使っていますので、この金が酸化すると変色を起こし、買取額が下がってしまいます。
また、赤猿切手はその人気の高さからレプリカも出回っており、こちらには価値がありませんので買取る事ができません。
現在、中国の経済成長も以前ほどの著しい上昇が見られなくなり、中国切手の価格も落ち着いてきています。
それでも今はまだ高値で取引されていますので、今のうちにご売却する事をお勧め致します。
赤猿切手をお持ちでしたら、日本全国で赤猿切手の買取を行っている、いわの美術にお任せ下さい!!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top