ピアジェの腕時計買取ます!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ピアジェの腕時計買取ます!!

2014.8.30

ピアジェの腕時計の買取を行っております!!

ピアジェと言えば、スイスの高級時計のメーカーで、ジュエリーも取り扱っている事は有名ですよね。
今回は、ピアジェの時計に焦点を合わせてお話させて頂きます。

ピアジェは、1874年にジョルジュ・エドワール・ピアジェがスイスのジュラ山脈の小さな村、ラ・コート・オ・フェに設立した時計工房からその歴史がスタートしました。
その時計工房は、家族の持っていた農場の中に設けられ、ジョルジュは精密な時計ムーブメントの製造に打ち込みます。
ジョルジュが制作するムーブメントは素晴らしく、その噂はジュラ山脈を越えて一流ブランドの耳に入った事で注文が寄せられるようになり、瞬く間に事業は発展を遂げます。
1911年に息子のティモテ・ピアジェが父親の意志を受け継ぎ、1943年には商標登録を行い、ラ・コート・オ・フェのムーブメント工場に過ぎなかったピアジェは、技術的な性能だけでなくデザインにも力を入れるようになり、健全で揺るぎないピアジェの基盤が築かれます。
その後、創業者の孫であるジェラルド・ピアジェとヴァランタン・ピアジェによってブランドのマーケットは拡大され、世界的な名声を手にして今に至ります。

ピアジェは世界的な名声を手に入れてもなお、新しいものを次々と取り入れ、極薄のムーブメントに注目し、厚さわずか2mmのかの有名な手巻き極薄キャリバー9P、キャリバー 12Pを発表し、厚さ2.3mmの世界最薄自動巻きムーブメントを開発しています。
その他にもスケルトンムーブメントなど約30種類のムーブメントを開発、発表しています。
また、時計の装飾には金細工を手掛けるジュネーブの工房を複数買取る事で、最高の品質を届ける事ができるようになり、文字盤に貴石を使用した時計を世界で初めて発表し、エナメル細密画を施すなど、高級ジュエリーウォッチのパイオニアとして現在も次々に新しい時計を生み出しています。

ピアジェの時計のご売却をしませんか?時計自体も大変高価ですが、コレクターにとっては古い時代に制作されたピアジェの時計、すでに製造が中止されているモデルなどは喉から手が出るほど入手したいもので、高価買取が期待できます。
ピアジェの時計のご売却をお考えでしたら、まずはいわの美術までご相談下さい。

 

ピアジェの時計買取について

ピアジェの時計の買取では、正常に動くものはもちろん、故障して動かなくなってしまっていても、修理をすれば直るものであれば買取る事ができます。
また、外箱や保証書、取扱い説明書などがご一緒ですと更に買取額が高くなります。
ただし、バンド部分が破損してしまいオリジナルではないものに交換されていますと評価は下がってしまいます。
ピアジェの時計はいくつかのシリーズに分かれていますので、お問合せの際は「ピアジェの時計」だけではなく「ピアジェの120周年記念モデル」などとお分かりでしたら、シリーズ名をお伝え頂くと査定がスムーズに進みます。
また、ピアジェの時計か分からない場合は、盤面や盤面の裏に「PIAGET」と書かれているかどうか探してみて下さい。

また、ピアジェは時計以外にもジュエリーも取り扱っており、いわの美術ではジュエリーの買取も行っております。
ピアジェのジュエリーは、時計製造とジュエリー製作に関連する職種を一つ屋根の下に集めており、しっかりと管理されて生産が行われています。
全ての貴石のカットは職人によるハンドカットと言うこだわりを持つピアジェの腕時計、ジュエリーのご売却なら、いわの美術にお任せ下さい!!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top