牧野虎雄の作品の買取を行っております!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

牧野虎雄の作品の買取を行っております!!

2014.9.26

牧野虎雄の作品買取ます!!

牧野虎雄は大正~昭和時代に活躍した洋画家で、日本美術学校在学中には黒田清輝、藤島武二の指導を受けました。
中学生の頃から画家になる事を夢見ており、美術学校在学中からその才能を開花させ、文展で入選を果たしています。
その文展の中止が決まり、その後に開催された1922年の帝展では審査員に推挙され、永久無鑑査の資格を得ている事も牧野虎雄の実力の高さを伺う事ができます。

旅行があまり好きではなかった牧野虎雄は、自宅やその周辺の景色を描く事が多く、室内や庭先といった身近な風景をモチーフに選んでいます。
また、初期の頃の代表作の中に「凧揚げ」がございますが、これは牧野虎雄自身も凧揚げが大好きだったようで、下落合のアトリエの壁には珍しい凧がいくつも飾られていたそうです。
ちなみに大酒飲みでポケットウィスキーを手放す事がなかったというエピソードも残されています。

西洋画をそのまま模倣するのではなく、南画の技法を取り入れ日本的な洋画を追求する牧野虎雄の作品は当時では異彩を放っており、注目されていました。
「槐樹社」や「六潮会」などの美術団体を創立し、現在の武蔵野美術大学や多摩美術大学の前身の美術学校で後進の指導にあたるなど、日本洋画壇に数々の功績を残しています。
しかし、食道がんを患い、56歳という若さで亡くなっており、そのためか流通している作品も決して多くない作家ですので、高価買取が期待できます。
牧野虎雄の作品のご売却をしませんか?まずはいわの美術までお電話、メールにてお問合せ下さい。

 

牧野虎雄の作品買取について

牧野虎雄は洋画家ですので、油彩画を中心に作品を残しています。
油彩画は保管場所が悪いとひび割れや剥がれ、汚れの付着などによって作品全体がくすんでしまう事があり、これは長年飾ったままであったり、額にも入れずキャンバスのまま保管していると起こってしまう現象です。
売却をお考えの際は、埃などをかぶっているようでしたら、少し綺麗にしておく事で買取額アップに繋がりますが、無理に掃除して作品を傷めてしまう恐れがありますので、強くこすったり、洗剤などを使って拭きとるような事は止めておいた方がよいかと思います。
いわの美術では牧野虎雄の作品の高価買取を行っており、まとめて複数の作品のご売却であれば出張買取でお伺いする事も可能です。
ご売却をお考えの牧野虎雄の作品がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top