新海竹太郎の作品の買取を行っております!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

新海竹太郎の作品の買取を行っております!!

2014.9.28

新海竹太郎の作品買取ます!!

山形県出身の彫刻家・新海竹太郎はアカデミックで質実な作風で知られるがアール・ヌーボーの要素を取り入れたり、日本的、東洋的な題材を扱った異色作を数多く残している事で知られていますが、はじめから彫刻家になろうと思っていたわけではありませんでした。

仏師の長男として生まれ、幼い頃から木彫に親しんでいましたが、軍人を志し、上京して近衛騎兵大隊に入営しますが、士官候補生試験に失敗する日々を送っていました。
また、騎兵隊に所属していたことから馬に興味を持っており、その馬を手本にしながら手遊びで作った馬の木彫が隊内で評判となり、この時に彫刻家になる事を決意します。
除隊後、後藤貞行と小倉惣次郎に彫塑を学び、さらにヨーロッパに留学し、パリを経てベルリンに移り、ベルリン美術学校で彫刻部主任教授ヘルテルに師事しました。
この時に新海竹太郎はアカデミックな彫刻技法を身に付け作品に反映させています。
帰国後は太平洋画会の会員となり、以後同会の中心的な存在として活躍し、1904年に同会研究所が創設されると彫刻部の主任となり、朝倉文夫、中原悌二郎、堀進二など多くの後進を育てています。

新海竹太郎の作品は、北白川宮能久親王、有栖川宮威仁親王、大山元帥、南部伯爵などの著名な軍人の騎馬像を手掛けている事で知られており、馬をモチーフにした作品を多く残しています。
新海竹太郎の作品のご売却をしませんか?いわの美術では新海竹太郎の作品の高価買取を行っております。

 

新海竹太郎の作品買取について

新海竹太郎の作品は原型を用いた鋳造作品と複製品などの作品によって買取額が変わってきます。
そこを見極めるには専門の知識と豊富な買取経験が必要で、いわの美術の鑑定士はどちらの条件もしっかりと満たしております。
作品を収納する共箱があれば良いのですが、外箱は失くしてしまう方も多く、詳細が分からなくなってしまったという方もいらっしゃるかと思います。
もちろん、作者不明の作品でもいわの美術ではしっかりと鑑定を行い、買取る事ができるお品物であれば買取額を提示させて頂きます。
新海竹太郎の作品かな?と思うような彫刻作品がございましたら、お気軽にいわの美術までお問合せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top