田中頼璋の作品買取ります!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

田中頼璋の作品買取ります!!

2014.10.6

田中頼璋の作品買取ります!

田中頼璋は、島根出身の明治から昭和初期の円山派の日本画家です。主に写生風の山水画を得意とし、虎を描いた傑作で知られます。
田中頼璋が16歳の時に長州の萩(現在の山口県)に赴き、森寛斎に師事しましたが、のちに上京し、川端玉章への入門という経歴があります。

明治37年、日本美術協会展覧会で「山居水住図」双幅で銀牌授賞し、これが田中頼璋の出世作となります。その後は、文展第2回で「鳴瀧」が3等賞、爾後文展・帝展に連年入賞するなど、数々の賞を受けます。帝展第5回では審査員に就任するなど、日本画壇の重鎮として活躍し、また、川端画学校の教授として後進の育成にも力を注ぎました。


田中頼璋は、ほとんど独学で腕を磨き、また画家としての出発が遅かったため先輩画家等から嫌がらせも受けたようです。その名を認められる前、田中頼璋若かりし頃には、40人いる客の中で末席から三番目、裁縫女教諭の次の席が指定されていたということがありました。田中頼璋はこのことに「芸術家を侮辱するものだ」と非常に憤慨し、この屈辱感をバネとして、努力に努力を重ね、日本を代表する有名な画家になったというエピソードもあります。
田中頼璋の作品のご売却をしませんか?いわの美術では田中頼璋の作品の買取に力をいれております。

 

田中頼璋の掛軸買取について

田中頼璋の作風は「文人趣味と円山派の写実性の融合を目ざした」と評されています。田中頼璋の作品には、掛軸のスタイルの作品が多くみられ、日本画壇の重鎮的存在であった氏の掛軸作品などは、作品によっては高価買取になる可能性の高い作家です。

掛軸の買取査定では、つくられた年代や作家などが重要になります。田中頼璋の号は、初めは豊文、のちに頼章、頼璋等がありますが、掛軸など作品の詳細がわからない場合でも、いわの美術までお問い合わせください。 いわの美術では、専門知識と経験豊富なプロ鑑定士のスタッフが査定し、買取査定させていただきます。 これは売れないかも...と思うようなものでも、あきらめずにいわの美術までご相談ください。
古くて価値のわからないものや、古くて状態の悪いものでもいわの美術では、丁寧に一点一点買取査定いたします。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top