池田遙邨の作品買取ります!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

池田遙邨の作品買取ります!!

2014.10.8

池田遙邨の作品買取ります!

池田遙邨は、1987年に文化勲章を受賞した日本画の巨匠です。
幼いころより絵を描くのが好きだった池田遙邨は、15歳の時に松原三五郎の天彩画塾で洋画の手ほどきを受け、弱冠19歳で第8回文展に水彩画「みなとの曇り日」を出品し、見事、初入選をはたし、天才少年画家として名声を得ます。
その後は、小野竹喬との出会いなどにより、次第に日本画の世界に魅力を感じるようになり、竹杖会に入門、日本画に転向します。

池田遙邨の作品は、帝展など数々の賞を受け、文化功労者として表彰され、また文化勲章を受賞しますが、意外にも池田遙邨が日本芸術院賞を受賞したのは、64歳のときで、それは決して早い受賞ではなかったとされています。自然と旅を愛した池田遙邨でしたが、遙邨芸術のトレードマークとも言える狐や狸の描写は、この日本芸術院賞を受賞したころに頻繁に画面に表われるようになったそうです。


池田遙邨は安藤広重の東海道の絵に心酔し、最も好きな画家と言ってはばからず、自らも東海道五十三次を3度も旅したそうです。
池田遙邨の作品のご売却をしませんか?
いわの美術では池田遙邨の作品の買取に力をいれております。

 

池田遙邨の掛軸買取について

日本画家 池田遙邨は92歳で他界しますが、その長い生涯のほとんどを画業一筋に生き、亡くなる間際まで制作意欲を燃やし続け、多くの作品を残しました。

池田遙邨の大正後期あたりの作品には、ムンクやシャバンヌなどの影響を受けたものが多くみられその頃の作品は落選が続いたそうですが、大正末期から大和絵の新解釈にたった清新な作品を帝展に発表して画壇に認められます。
戦後にはユーモアと詩情に溢れる独自の画境を切り拓き、晩年には漂泊の俳人であった種田山頭火に心を寄せ、その句境の絵画表現に挑んだそうです。
池田遙邨が画境に新たな展開を見せたのは、現代日本画の可能性を探る上でも特筆すべきことであるといわれています。

いわの美術では京都画壇を舞台に、数々の活躍と実績を残した日本画の巨匠 池田遙邨の作品の買取の強化を行っています。
池田遙邨の作品について、保存にお困りの方や、お引越しや遺産相続などで、ご売却をお考えの方は、ぜひいわの美術までご連絡下さい。無料買取査定、無料出張買取も対応しております。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top