柳原義達の作品買取ます!【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

柳原義達の作品買取ます!

2015.2.11

柳原義達の彫刻作品買取ます!

柳原義達(やなぎはら よしたつ)は、近現代日本を代表する彫刻家の一人で、裸婦立像や鳩像などの作品で知られています。
いわの美術では、柳原義達の作品買取を強化しています。

神戸生まれの柳原義達は、当初は日本画を志し福田平八郎の指導を受けていましたが、彫刻志望へ転じます。東京美術学校彫刻科へ進み、その時の指導教官は「東洋のロダン」とよばれた朝倉文夫や文化勲章受章の北村西望などでしたが、高村光太郎、清水多嘉示らから強い影響を受けたとされています。
文展入選、国画会受賞経歴を持つ柳原義達ですが、戦後には渡仏し、そこで伝統あるヨーロッパの彫刻と葛藤の末、造形的な模範から離脱し、鳩や鴉をモチーフとした「道標」シリーズを中心に独自の造形表現を作り上げました。
柳原義達は、フランス近代彫刻の流れをくむ、戦後日本の具象彫刻の分野に独自の世界を築いた作家の一人として、高く評価されています。
柳原義達の彫刻作品をお持ちではありませんか?ご売却をお考えの柳原義達の作品がございましたら、是非いわの美術までご連絡ください。

 

柳原義達の作品買取について

柳原義達の作品には「犬の唄」に代表される裸婦像がありますが、これは柳原義達において重要な位置を占めており、人間がある姿勢を取るとき、身体各部がどのように動いて、平衡状態が生じるか、重力とバランスを取りながら人体が示す自然の法則に迫りたいという作者の強い意図がみられます。
柳原義達は、緊張感に満ちた造形性を備え、自然や生命の本質に迫ろうとするヒューマニズムに裏打ちされた作品を没するまで一貫して制作し続けました。
具象表現的作風とされる柳原義達は、現代日本の彫刻に大きな変革をもたらし、強い影響を与えた代表的な存在と称えられています。

柳原義達の作品は、戦後間もなく保管場所が火災に遭ったため、戦前の作品のほとんど焼失し、美術学校後輩であった山本恪二をモデルとした「山本恪二さんの首」という作品が唯一ともいえる現存作となっています。
いわの美術では、柳原義達の作品を市場評価なども加味して、美術品の知識と買取経験に長けた専門のスタッフが適正に買取査定致します。
買取に関する費用はすべて無料ですので、柳原義達の作品のご売却をお考えでしたら、お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top