杉本貞光の作品買取ます!【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

杉本貞光の作品買取ます!

2015.2.14

杉本貞光の作品買取ます!

杉本貞光は知る人ぞ知る、現代陶芸界の名匠の一人です。
どこの会派にも属さず、自然のままの陶の真髄を追及する杉本貞光。いわの美術では、杉本貞光の作品買取を行っています。

杉本貞光は武蔵野美術学校卒ですが、会社勤めをしていた時、百貨店の展覧会で古信楽の「蹲」という作品に感銘し、やきものの世界に入ることを決心します。
電気もなく、井戸を掘り、開墾もし、ようやく穴窯を築いて壷などを焼き、壁面レリーフの仕事もしていたころ、一人の茶人との邂逅を得ます。それが立花大亀老師です。
普通であれば陶芸家を師事するところを、現代の大茶人立花大亀老師に師事し、桃山文化の茶陶を学びました。立花大亀老師が「寺垣外」という窯の名付け親でもあります。
立花大亀老師の導きを受け、茶陶一筋、信楽では庶民の雑器の心、伊賀では織部の思想を汲み、黒茶碗は長次郎を、赤茶碗は光悦を目指し、高麗は朝鮮の民と風土を探求しました。
それぞれが素晴らしい成果を生み、さらに発展しつつ杉本貞光独自の世界を展開しています。
杉本貞光の作品をお持ちではありませんか?いわの美術では杉本貞光の作品買取にも力をいれております。

 

杉本貞光の作品買取について

立花大亀老師に師事し、桃山時代の茶陶を学んだ杉本貞光は、信楽に始まり伊賀・楽・高麗・美濃・塑像などを手掛け、その作品は、市場でも高い評価を受けています。
幅広い作品手掛ける杉本貞光が生涯のテーマとして掲げるのは、立花大亀老師の教えである「桃山に帰れ」に基づくものです。
生涯を掛けて挑めと老師の教示を受けそれに挑み続け、近年では、渋紙手、織部、黄瀬戸、高麗物の蕎麦茶碗、斗々屋の茶碗などを精力的に制作しています。

杉本貞光の陶印には、「一」や「サ」などが用いられておりますので、買取査定のお問い合わせの際は、作品全体の写真と陶印や共箱の落款などのお写真をお撮りいただき、オンラインメール査定にてお送りくださいませ。折り返し、買取査定の担当スタッフより買取査定額などにつき、ご案内申し上げます。
杉本貞光の作品買取なら、美術品・骨董品の買取実績豊富ないわの美術にお任せください。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top