竹内栖鳳の作品買取ます!【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

竹内栖鳳の作品買取ます!

2015.3.24

竹内栖鳳の作品買取ます

いわの美術では、近代日本を代表する日本画家 竹内栖鳳の作品買取を致しております。
「西の栖鳳、東の大観」と謳われるように、横山大観と並び評された竹内栖鳳は、戦前の京都画壇を代表する日本画の重鎮として広く知られています。
竹内栖鳳の生きた明治時代の画界は、江戸時代とは比べものにならないほど大量に流入してきた西洋絵画の情報に接して、新しい時代へ刷新していく時期で、「洋画」と「日本画」というカテゴリーが生まれたのもこの時期になります。

京都に生まれた竹内栖鳳は、四条派の幸野楳嶺に学びますが、積極的に他派の筆法を取り入れつつ、定型モチーフとその描法を単に継承することを嫌い、画壇の古い習慣を打ち破ろうとしました。
その背景には、明治33年のパリ万博視察のための渡欧があり、その後の竹内栖鳳に多大なる影響を与えました。しかし、やみくもに西洋美術の手法を取り入れないところに竹内栖鳳の視野の広さがあります。
竹内栖鳳は実物観察という西洋美術の手法をもとに、西洋と肩を並べられるような美術を生み出そうという考えから、伝統絵画の根本的理念を掘り起し、西洋技法を巧みに取り入れた近代的な日本画の創出に取り組みました。

帰国後、竹内栖鳳の描いた作品「獅子」は、スケッチをもとにしたリアルな動物として描かれ、跳躍する身体の力強さや、ライオン(獅子)のたてがみ一本一本までも栖鳳の筆線のバリエーションを自在に用いることにより表現され、大きな反響をよびました。
近代日本画の巨匠 竹内栖鳳の作品をご売却してみませんか?いわの美術では、美術品・骨董品の知識と買取経験に長けた買取専門スタッフがしっかりと作品を見極め、適正な買取査定・評価を致しております。

 

竹内栖鳳の作品高価買取致します

幼少からの修練に裏打ちされた圧倒的な筆技を下地とし、京都の伝統的な画派である円山四条派などの数多くの流派の画技や西洋美術などの新たな表現技法を貪欲に吸収した竹内栖鳳は、伝統と革新の双方を体現した画家ともいわれています。
動物画の名手ともいわれた竹内栖鳳の代表作の一つに、国指定重要文化財「斑猫」がありますが、生き生きと動物を描き出すその手腕は見事としかいいようがありません。

なお、稀少なる竹内栖鳳の作品の公式鑑定は、長男 竹内四郎氏、没後は権威ある東京美術倶楽部鑑定委員会が行っていますので、竹内栖鳳の作品ご売却の際は、こういった正式鑑定証書付ですと、高価買取に大幅にプラスに働きます。
文化勲章受章者 竹内栖鳳の作品買取なら、高価買取対応しているいわの美術に是非ご連絡ください。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top