牧野邦夫の作品をお買取いたします【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

牧野邦夫の作品をお買取いたします

2015.8.13

牧野邦夫の作品をお買取します


牧野邦夫は1925年 東京の幡ヶ谷に生まれました。両親を早くに亡くした牧野邦夫は、姉・知恵に育てられます。
幼少期を小田原で過ごし、少年期の牧野邦夫は教会に毎日通いました。
牧野邦夫は漫画家を志していましたが17歳でゴッホの作品に強い衝撃を受け、牧野邦夫は画家になる決意をします。

東京美術学校で牧野邦夫は、師の伊原宇三郎より「一日十二時間以上描かなければ歴史に残る画家にはなれない」といわれ、牧野邦夫は生涯その教えを守り抜きました。

牧野邦夫は第二次大戦中、召集された際に空襲と広島原爆投下後の惨状を目の当たりにしたことから、戦争の酷さと平和の尊さを訴えた作品「インパール」を1980年に描くことになります。

 

牧野邦夫のお買取りについて


牧野邦夫が光と影、人体のプロポーションの美を生涯かけて追求した作品は、見る者を圧倒させる力を持っています。

牧野邦夫は生涯レンブラントに傾倒し、20代の頃には牧野邦夫がレンブラントに宛てた手紙と牧野邦夫みずから演ずるレンブラントからの叱咤激励の返事を書いていました。→牧野邦夫の無料査定はこちらから

1971年10月 フジテレビ「テレビ美術館」リアリズムに徹する牧野邦夫として出演し、対談者は俳優の石坂浩二でした。

牧野邦夫は自画像を多く描き、アングラ歌劇の俳優の肖像を多く遺し、のちに 黒柳徹子も肖像画の製作を依頼するなど交友もひろく、肖像画の評価も高くなっております。

牧野邦夫が生涯をかけて学んだ美術解剖学の探究が、牧野邦夫のデッサンや素描にも遺されております。
牧野邦夫の油絵の中でモチーフとなったジュエリーや宝箱などの蒐集物は、「牧野邦夫展」(練馬区立美術館、2013年)においても公開されました。

牧野邦夫が1975年10月から制作にとりかかった五層之塔(未完成の塔)の第1層(50代)は10年目で完成し、未完成作品として展示されました。
牧野邦夫の作品のほかにも買い取ることが可能なお品物はたくさんございますので、牧野邦夫の作品と併せての お問い合わせも大歓迎です。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top