尺八 露星銘 のお買取りいたします【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

尺八 露星銘 のお買取りいたします

2017.9.26

   尺八 露星銘 のお買取りいたします     



いわの美術では以前、尺八 露星銘 のお買取りをさせて頂きました。

弊社では尺八のお買取りを強化致しております。

ご家庭に眠っておられます楽器製品の処理に困っていることは良くあることかと存じます。


尺八のご売却をお考えの方は、管楽器にも詳しい査定員が多数在籍しておりますいわの美術まで一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせの際は製品のお写真を頂けますと順序良く査定を進めることができます。



  流派や人口について  


正確な調査はされておりませんが、現在尺八奏者の人口は約3万人とされており、流派によって尺八の形状も異なります。

また、流派の種類は多岐にわたりますが、大別して2流派ございます。


一つは琴古流(きんこりゅう)で、江戸時代に初代黒沢琴古によって創られました。琴古流の尺八の歌口は三角形の形状であります。

もう一つは都山流(とざんりゅう)といい、明治時代に初代中尾都山によって創られました。こちらの歌口は半円を描いております。

双方とも出る音に違いはございませんが、これら2流派だけでも譜面や表記が異なり、同じ尺八奏者であっても他流派の譜面が読めないということもございます。


  買取可能な尺八作家  

尾崎澤山、青木鈴慕、玉井竹仙、永廣真山

引地容山、安達栞山、村田萌山、小林一城

西田露秋、石倉央山、トム・ディーバー

北原精華堂、荒木古童、山口四郎、蘭情など

製管師は、常に尺八奏者の事を考えながらより良い作品を作り上げています。

音色などは作り手によりかわりますので、自分の流派や吹き方の癖に合わせて品物を選ぶのも楽しみの1つではないでしょうか。

しかし、どんなに良いお品物でも尺八は竹製品でありますから、毎日のお手入れが重要になってきます。


  お手入れ方法  

歌口はカケやすい為、歌口キャップを使用して守るようにしましょう。

取り外しが出来る中継ぎのホゾ部分に漆が塗られているので、あまり抜き差しをしないようにし、グリスなどを使用して守ってあげましょう。

竹製品にとって乾燥は大敵ですので、ビニール袋にしまうか、ケースをお使いの方はスポンジなどに水を含ませて一緒に入れておくのも良い方法です。

ただし、その分カビも生えやすくなりますのでこまめに水洗いをするか拭くようにしましょう。また、オリーブ油をうっすら全体的に塗る方法も有効です。

吹いた時の息の水分により管内に水が溜まり尺八の内部の漆が剥がれてしまいます。

この漆を剥がさないように「露切り」などを使いたまに水分だけを拭き取ってあげましょう。


  尺八 露星銘 のお買取りについて  

いわの美術では尺八のお買取りを強化させて頂いております。

尺八は傷の有無・作家・長さ・唄口や中継ぎ部分の素材により評価が大きく変わります。

今回ご紹介しました露星銘の作品以外でも、尺八奏者の尾崎澤山や、竹仙工房を作り上げた玉井竹仙などの作品もお買取りしております。

また、未使用品ですと特に高い評価が期待できます。

お問い合わせの際は製品のお写真を頂けますと順序良く査定を進めることができます。

お問い合わせはお電話かメール、LINEよりお受けしております。

尺八 露星銘 のご売却をお考えの方は、熟練の査定員が多数在籍しておりますいわの美術まで是非お問い合わせください。


和楽器のお買取りはコチラから

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top