鶴岡義雄の油彩画をお買取りいたします。【2020年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

鶴岡義雄の油彩画をお買取りいたします。

2020.3.31

鶴岡義雄の「鼓」油彩画をお買取りいたします。


いわの美術で先日お買取りしました、鶴岡義雄の油彩画「鼓」をご紹介いたします。

鶴岡義雄(つるおか よしお)は昭和前期から長年活躍した洋画家で、こちらの作品はひと際人気の高い舞妓をモチーフとしたシリーズになります。

主な作品は女性像(美人画)と風景画に分けられますが、作風の幅が広く、制作時期によって写実からシュルレアリズムまで大きく異なります。



鶴岡義雄の経歴

鶴岡義雄は1917年茨城県土浦市にて、芝居小屋や映画館を経営してきた芸能一家に生まれ、義太夫名手の父と、三味線師範の母の元で育ち、旧制中学在学中に絵画に興味を抱きました。

同窓の先輩であった熊岡美彦の勧めで画家を志し上京、日本美術学校で洋画を専攻し、林武に師事して研鑽を積み1941年に卒業します。

在学中のちに二科会幹部となる織田広樹、鷹山宇一らと親交を持ち、卒業の同年、二科展に出品した「台湾蛮女」が初入選し画家として本格的なスターをと切りますが、1944年から太平洋戦争で報道班としてハルピンに出征し、帰国後土浦で終戦を迎えました。

同時期に解散を余儀なくされていた二科会も東郷青児や高岡徳太郎の働きによって戦後再興し、鶴岡義雄も終戦翌年の1946年に服部正一郎らとともに二科会茨城支部の創立に携わり、1947年に二科賞を受賞します。

茨城洋画会の結成など二次大戦中に制限されていた美術家は旺盛に活動し、1950年に鶴岡義雄は二科会会員に推挙されます。

戦時中は写実的な風景・人物像を中心としていた作風も変化の時を迎え、その時期共産主義との関連疑惑から弾圧を受けたシュルレアリズムへ接近し、1950年代頃からシュルレアリズム、キュビズム、構成主義などの影響が伺える作品を発表します。

1957年、初めての絵画取材旅行で北米~中米を、1960年に西欧各国を初めて訪れます。

この時期は綿密なデッサンに基づく厚塗りでラフなタッチの風景画作品が特徴で、現実よりイメージを優先した色彩の作品は特に幻想的な仕上がりとなっています。

1969年にカンヌ国際展でグランプリ候補となりサロン・ドートンヌ会員に推挙され、1970年の二科展で「ムーラン・ルージュ」「愛」で東郷青児賞を受賞し、翌年二科委員となるなど画壇の中心的存在となっていきます。

また1972年カンヌ国際展に招待出品となり1973年に再び渡仏し、パリにアトリエを構えた一年余りの間にマドモアゼルシリーズの製作を開始し、1974年の二科展で「ソワール・ド・パリ」が内閣総理大臣賞を受賞する快挙となりました。

この一連の作品で鶴岡義雄の耽美様式は完成を見せ、次は西洋的な美から日本的な美の発見へ視点を移していきます。

次にモチーフに選んだ舞妓は日本画の人気モチーフでしたが、西洋画の手法に立脚し、写実からも離れて描かれた作品は多くありませんでした。

マドモアゼルで確立した、装飾的な横顔の構図と鼓を打つ正面図をはじめ、様々な構図の美しい作品を生み出し、「京の四季」「歌留多」など代表作も生まれます。

一連の作品を集めた「舞妓展」を1980年に東京日動画廊で開催し、同年二科会の常務理事にも就任、日動出版から画集を刊行しキャリアは集大成へ向かいます。

1989年の二科展に出品した「舞妓と見習いさん」は翌年芸術院賞を受賞し、1993年には長年の功績を称えられ勲四等旭日小綬章を受章しました。

90年代の作品は、日本の初期シュルレアリズムに立ち返ったような抽象画となり、並行して風景画も製作し、晩年まで新しい領域へ挑戦しつづけ、2007年に亡くなりました。



鶴岡義雄の作品をお買取りいたします。

今回お買取りいたしました作品は「鼓」は、連作され中古美術市場にもたびたび流通が見られますが、飽和せず高値でのお取引が多い作品です。

「鼓」には正面向きと横向き、鼓が手前にくるもの、舞妓の横顔が手前のものと数種類あり、こちらは舞妓さんのたおやかな微笑みが前面に表れています。


鶴岡義雄作品のお買取りで高値となりやすいのはF10号以上の大きさのものとなりますが、画題や制作時期で異なる絵のタッチ、作風などで価格は上下します。



鶴岡義雄の油彩作品のご売却時の査定ポイントをまとめると、下記のようになります。

・画題(マドモワゼル、舞妓、風景画)

・タッチ

・大きさ

・絵のダメージの有無

・画廊などの証明書の有無

・タトウ箱の有無

鶴岡義雄は制作時期により厚塗りの作品も多く、保存時の温湿度や日光の刺激でひび割れが懸念されます。年数を経るほどダメージが生じやすいため、ご売却されない場合も保管状態にはご留意ください。


いわの美術は骨董品・美術品を中心にお買取りを行っており、鶴岡義雄の作品も豊富なお買取り実績がございます。

メール・LINEにてお写真から無料オンライン査定も可能です。お気軽にお問い合わせください!


お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール