山本雲渓の日本画・掛軸をお買取りいたします【2019年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

山本雲渓の日本画・掛軸をお買取りいたします

2019.1.30

山本雲渓の日本画作品をお買取りいたします。

 買取の山本雲渓の日本画


山本雲渓(やまもと うんけい)は近世伊予絵画界の勃興に携わった絵師の一人で、一族代々伝わる医師を生業としながら絵師としても活躍した名士でした。

故郷の愛媛県今治市の寺社には現在も多くの絵馬が奉納されています。


近世の伊予絵画

伊予松山藩での絵画は、江戸前期に雲谷派を伝えた松本山雪に始まります。

雲谷派とは、雪舟の死後90年あまり途絶えていた雪舟画を、萩の毛利藩絵師・雲谷等顔が復興させた流派です。

雲谷等顔は毛利輝元から禄高と雪舟の旧居「雲谷庵」を与えられ、雪舟と直接的な師弟関係は無くとも正統な後継と見做され、雲谷派は江戸時代を通じて中国・九州地方で存続しました。

江戸中期に松山藩士であり絵師でもあった吉田蔵澤が南画を取り入れてからは、全国の藩絵師の主流であった狩野派よりも、伊予では南画が主流に取って代りました。

その後に写生派の正系・円山派を伊予に持ち込んだのが山本雲渓であり、これは新風となって伊代絵画界で受け入れられ、後続の森田樵眠のもたらす同じ写生派の四条派の普及に繋がっていきます。


山本雲渓について

買取の山本雲渓の日本画山本雲渓は1780年に松山藩の庄屋に生まれ幼少期に藩内の野間郡から今治郡へ移住し、医術を学ぶため大阪へ上った寛政年間に絵画を学んだと伝えられています。

大阪で師事したとされる森祖仙は、ボストン美術館に作品5点が収蔵される名画家で、動物画を得意としてた中でも現存する作品の9割が猿の絵であり、作風の面でも山本雲渓に大きな影響を与えたと言えます。            

文政期(1818年~)に入ると生まれ故郷の野間神社に奉納した絵馬に始まり、今治地方の神社に多数の絵馬の奉納を始め、本格的に絵師として活躍しはじめました。

 師の森祖仙と同様に猿の画題を得意として、丁寧な筆致で微細な毛の質感を描き出し、写実的に描きだされた動物本来の愛らしさが現代でも魅力的に映ります。

奉納された絵馬にも猿をはじめ鹿など動物が数多く見られ、文政4年に金毘羅宮に絵馬「鍾馗図」を納めたことを契機に伊予国外の寺社にも絵馬が収められました。

画塾で後進の指導にもあたり、京都に上りのちに江戸で活躍した絵師・沖冠岳(おき かんがく)も、雲渓から最初の絵の手ほどきを受けました。

雲渓は70歳頃から作品の落款とともに年齢を記しており、写真のお品物にも「八十二翁」とあり、文久元(1861)年に82歳で逝去した雲渓の最晩年の作品と分かります。


山本雲渓の日本画・掛軸をお買取りいたします!

山本雲渓は画家として確かな腕を持ちながら、本業である町医師と庄屋という町役人の家に生まれた都合上、伊代松山を離れることがなかったため、作品の多くは愛媛県に由来する場所に納められています。

買取の山本雲渓の日本画また時代も江戸時代と古いお品物になり、残っていた作品でも状態によっては美術品として出回らないものもあるため、中古美術市場でも探すのが難しい画家の一人と言えます。

今回お買取りしたお品物は、絵自体は古いお品物ですが比較的最近に表装をお直しされており、共箱も状態が良かったため高評価でのお買取りとなりました。

経年によるシミ等は見受けられますが、鶴と亀の縁起物の二幅セットは珍しいお品物です。


いわの美術では、美術品・骨董品を中心に長年のお買取り実績があり、経験豊富な査定員が拝見し、中古美術市場を鑑みた最高値をご提示できるよう尽力しております。

ご自宅やご実家のお片付け、蔵や倉庫の整理などで、ご売却をお考えの山本雲渓の作品はございませんでしょうか。

長い間大切に受け継がれてきたお品物ですので、ぜひ、骨董品の査定を強みとしている、いわの美術にお任せくださいませ。

お問合せはお電話・メール・LINEにて受付しております。メール・LINEではお写真をお送りいただきますと、オンライン無料査定も可能となります。

混雑時には順次の対応となりますが、ご利用をご検討くださいませ。お客様からのお問合せをスタッフ一同お待ちしております。


お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top