長谷川富三郎の作品の買取を行っております【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

長谷川富三郎の作品の買取を行っております

2016.4.14

長谷川富三郎の作品を買取ます

長谷川富三郎は鳥取県を代表する版画家で、生涯で約4000点にも及ぶ作品を作り上げました。
生命力が溢れ出すような迫力ある力強い作品から、花や草木が細やかに掘られた繊細な作品まで多種多様な作品があります。

長谷川富三郎は1910年に兵庫県姫路市に生まれ、1934年に中井金三を中心とした倉吉の文化団体「砂丘社」の活動に参加し、油絵を書くようになります。
1938年に、民芸運動のリーダーである吉田璋也の紹介により、柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司らに師事をするようになり、棟方志功との交友が始まりました。
戦後、棟方志功のすすめにより板画を始め、全国的に活動をしながらも鳥取県の芸術振興に寄与をしました。




長谷川富三郎の作品紹介

打吹童子

2人の童子が赤一色で刷られた可愛げのある作品になっています。



しだれ桜

細やか且つ、迫力のある作品に仕上がっています。






馬場の滝(三朝町)

水の柔らかさが伝わり、涼し気な雰囲気が感じ取れます。








長谷川富三郎の作品買取について

長谷川富三郎の作品は、風景のみならず、詩の入った版画等も存在します。また、作品の右端、あるいは左端に「無弟」の印が入ったものが、長谷川富三郎の作品の目印となります。
印刷されたものにはお値段を付けることが難しく、買取をお断りしております。
木版画の特徴としては、作品裏面を見て頂くとインクの染みの有無が確認でき、染みを確認できれば木版画となります。
問合せの際は、作品のタイトル名、大きさ、額などの付属品の有無、入手経路などをお伝え頂くと査定がスムーズに進みます。

「これは買取ってもらえるの?」と疑問に思うお品物がございましたら、お気軽にいわの美術までお電話、メールにてお問合せ下さい。
なお、メールやオンライン査定では画像を添付する事ができ、その画像を見て折り返し買取額をお伝えする簡易査定も行っており、時間と手間がかからず大変便利です。
口頭での説明が難しい方や、電話をする時間のない方はぜひ、ご利用下さい。


~木版画の買取はこちらへ~

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top