日和崎尊夫の作品買取致します【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

日和崎尊夫の作品買取致します

2016.4.19

日和崎尊夫の作品買取致します

日和崎尊夫は、1941年、高知県に生まれの版画家です。
日和崎氏は、木口木版の作品が有名で「闇を刻む詩人」と謳われる作家で、当時廃れていた木口木版の道に進み、版画界に木口木版を定着させた功労者です。

彼のビュラン(木口木版用いる細い彫刻刀)による繊細な表現が、高い評価を受けています。
日和崎氏は武蔵野美術大学で、油絵を専攻し卒業後は現代美術等、様々な分野の制作をしていきますが、結婚し生活が苦しくなっていくと1964年、故郷の高知に戻り、母親の経営するクラブのマネージャーをして生計を立てて行きます。その傍ら、作品制作を続けていきますが、環境の問題もあり、大きな作品は作る事ができませんでした。そんな中、木口木版という小さな世界を開拓していきます。

その後、1966年に日本版画協会新人賞、1967年に日本版画協会賞を受賞します。1970年には、フィレンツェ国際版画ビエンナーレで金賞を受賞するなど、版画家として評価されていきます。1974年には、文化庁派遣芸術家在外研修員として一年間ヨーロッパに滞在するなど新たな世界に進んでいきます。1977年、木口木版画家のグループ「鑿の会]の立ち上げに参加するなど、美術界での木口木版の普及に貢献します。1991年山口源大賞を受賞しますが、翌年食道癌のため永逝(50歳)

日和崎氏は、現代でも木口木版を制作する作家に多大な影響を与えている、版画界の先駆者となりました。

日和崎尊夫に作品買取ついて

日和崎尊夫は、既に亡くなっている作家で、新たな作品が制作される事が無く、高値で取引がされております。木口木版だけでなく、通常の木版画も買取可能なお品物になります。

閉まったまま眠っている作品等が御座いましたら、是非いわの美術にご連絡下さい。いわの美術では、経験豊富な査定スタッフが、安心のお査定をさせて頂きます。

お問い合わせの際、作品タイトル、作品のサイズ、額の有無、入手経緯などをお伝え頂くとスムーズに査定が進みます。

作品のタイトルが解らない場合でも、いわの美術では、画像をメールで送って頂き折り返し査定結果をお伝えするメール、オンライン査定を行っておりまので、お気軽にお問い合わせ下さい。


~木版画の買取はこちらへ~

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top