野田哲也の作品買取致します【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

野田哲也の作品買取致します

2016.4.19

野田哲也の作品買取致します

野田哲也は、1940年生まれ、熊本県出身の日本を代表する版画家です。
写真を使ったシルクスクリーンと木版を使った作品が有名で、特に自身の家族との思い出、記憶をモチーフとした「日記」シリーズが広く知られています。

野田氏は、学生時代に版画家の小野忠重氏に木版画を学びます。
1968年には、「日記」シリーズに繋がる作品として日記をつけ始めます。
またこの年に、東京国際版画ビエンナーレで大賞を受賞します。この頃には、自身の大切なモチーフであり、最愛の妻である、ドリット・バルトゥールに出会います。ドリット夫人とは、1971年に結婚し、現在まで良きパートナーとして野田氏の側に寄り添っています。1978年より東京芸術大学に講師として勤め、1981年助教授、1991年に教授として教鞭を執ります。この間にも海外で客員芸術家としてグローバルに活動しています。2003年には、文化的貢献認められ紫綬褒章を受章、高い評価を得ています。国際的にも評価されており、ニューヨーク近代美術館や大英博物館等に作品が収蔵されています。

野田哲也 版画と日記

世界的にも評価された日記シリーズは、1968年から40年以上の間、作り続けられています。そのモチーフは、家族や、友人、旅の光景等、野田氏にとって、ごく身近な日常的なものです。その徹底されたテーマと日本の浮世絵という伝統的な木版技法とシルクスクリーンを使った独創的な表現は、世界的に高い評価を受けています。また、サンフランシスコ美術館の専任学員も「この時代の最も独創的かつ革新的、そして興味をそそられる日本の版画家」だと語っています。

野田哲也の作品買取について
野田哲也の作品は、わかりやすく家族の肖像を描いた物だけでなく、静物画のように見える作品も御座います。「もしかしたら野田哲也の作品かも?でも自信が無い。」そんな場合でも、いわの美術にお任せ下さい。経験豊富な査定員がしっかりとお品物を査定させて頂きます。

お問い合わせの際、解る範囲で宜しいので、作品タイトル、作品のサイズ、額の有無、入手経緯などをお伝え頂くとスムーズに査定が進みます。

また、お品物の写真をメールで送って頂き、折り返し査定結果をお伝えするメール、オンライン査定も行っておりますので、是非、お気軽にお問い合わせ下さい。


~木版画の買取はこちらへ~

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top