唐墨をお買取りいたします。

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
骨董品・美術品のお役立ち情報

唐墨をお買取りいたします。

唐墨をお買取りいたします。

唐墨をお買取りいたします。


書道で用いる墨は、産地や材料により様々な種類に分かれます。

燃料を燃して採取した煤を、膠と合わせて練り固める製法は共通しており、その割合と燃料素材によって異なる墨質が生まれます。

書道に必須の道具として文房四宝に数えられる墨は、書道発祥の地である中国と、海を渡り国力が増し独自文化が栄えてからの日本では異なる性質の墨が作られるようになりました。

中古美術市場でとくに人気の高い中国産の墨は唐墨と呼ばれ、熟成した墨質で安定した人気を誇る品物の一つです。

  

中国の古墨

中国での墨の起源は紙よりも古く、古代から木簡などに墨で書かれた記録が見つかっています。

漢代に紙が生産されるようになり、必要となる墨の量が増えるまでは丸型の墨が主流で、その後現在のような長方形の墨へと変わりました。

清の最盛期である乾隆帝時代には徽墨四大家として汪節庵、曹素功、汪近聖、胡開文が確立され、中華民国建国以降は曹素功、胡開文の2つが実質市場を独占します。

美術市場で高値取引される中国の古墨の多くは清代から20世紀にかけて作られたものとなります。 

 

上海墨廠

1967年に曹素功の系統の墨廠が近代的な採煙方法を開発し、安定した品質の墨の大量生産が可能となりました。

1970年代には文化大革命の影響のもと、事業の効率化のため他の四大家の胡開文などと公私合営となり「上海墨廠」が設立されます。

上海墨廠は外貨獲得を目的とする面が強く、当時中国国内に流通した墨と、日本向け輸出品であった墨とでは品質に大きな差あった一面もあります。

文化大革命の波が収まり開放経済の発展する1980年代の後半になると、上海墨廠は解体され再び旧来の墨廠へ戻りました。

 

文化大革命による変化

画仙紙と同じく墨においても文化大革命は大きな変化をもたらしました。

文化大革命では過去の伝統や風習を全面的に否定し、墨の製法も効率化を追求し、その結果おなじ墨廠の作であっても文化大革命以前の墨とそれ以降とでは質に差が出ることとなりました。

書道愛好家によるとニジミの出方が大きく異なるというほかにも、素人目にも墨の表面の彫刻など装飾などデザイン面にも変化があることが伺えます。

  

墨の材料と分類

油煙墨:ゆえんずみ

油を燃やして煤を採煙し造られた墨を油煙墨といいます。

煤の粒子が細かく一定となり、耐水・耐候性に富むため看板などに向き、黒色に光沢があります。

菜種油・ゴマ油・大豆油・椿油などの植物油、重油・軽油・灯油などの鉱物油でも作られるます。


松煙墨:しょうえんずみ

松の枝や皮を燃やして煤を採煙し造られた墨を松煙墨といいます。

生き松や老松が主な原料となり、最初は茶墨ですが年月の経過とともに青墨に変化します。

燃焼温度にむらがあるため粒子の大きさは均一でなく、深い黒色から青灰色まで墨色に幅があり、青みの強いものは青墨と呼ばれます。

青墨には煤自体が青く発色するものから、藍を混ぜたものまで様々なものが混在しています。


膠と香料

墨の製造には動物性の膠が用いられるため、雑菌の繁殖を防ぎ品質を保つために香料または防腐剤が欠かせません。

膠の質は墨の出来を左右する重要な材料で、唐墨には多くの場合魚の膠が使われ、獣性膠が中心の和墨とはこの点でも大きな差が生まれます。

墨汁には防腐剤が添加されますが固形墨では樟脳麝香・龍脳など強い香りをもつ天然香料が用いられ、固形墨を磨った際の香りもまた墨の魅力の一端となっています。



唐墨、古墨のお買取り強化中です!

唐墨は中国の気候風土に合ったもので、日本においては保管に注意が必要となります。

唐墨は和墨にくらべ膠の割合が多く粘りが少なく、黒味が弱い性質ながら滲みの鬱草示唆に秀で、力強さと味わいのある作品に向きます。

墨の寿命は管理次第で和墨より長い為、清朝最盛期である乾隆帝時代などの古墨も多く現座音します。

ただし温湿度の管理をしないと割れてしまうため、保存には注意が必要です。


いわの美術では骨董品・美術品をはじめとして中古美術市場で人気の高い書道具も積極的にお買取りを行っております。

文房四宝のなかでも硯と肩を並べる人気品目である墨は、高価買取が可能な品物も散見されます。

ご自宅やご実家、蔵や倉庫などに眠っている書道具・墨などの処分をご検討でしたら、ぜひ、いわの美術へご一報くださいませ。


関連記事

記事の分類

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール