中国現代絵画の巨匠「呉冠中」高価買取致します!

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
骨董品・美術品のお役立ち情報

中国現代絵画の巨匠「呉冠中」高価買取致します!

中国現代絵画の巨匠「呉冠中」高価買取致します!

中国近代絵画の巨匠と呼ばれる呉冠中(ごかんちゅう)

その人気は中国国内のみならず、海外でも評価が高く、記憶に新しいところですと、

1997年に製作された「周庄」というタイトルの油絵が、2016年4月4日に1億3000万元(約22億2300万円)の開始価格でオークションに出品され、最終的に2億3600万香港ドル(約33億5600万円)で落札され、中国の油絵におけるオークション記録を塗り替えたというニュースが新聞を賑わしました。

なぜそんなにも高値で売買されているのか、どんな作品が人気なのか、人物像と共にご紹介致します。

 呉冠中(1919~2010)

   1919年 江蘇省宜興の村で生まれる。

 1940年 教師であった父の背中を見て育ち、教師を目指して工業大学電気工学科に入学。

     しかし、在学中に美大生と親しくなり、 はじめて芸術の素晴らしさに目覚め、

     父の反対を押し切り杭州国立美術大学に入学。西洋美術を学ぶ。


 1942年 杭州国立美術大学を卒業するも日中戦争の真っ只中で仕事がなかなか決まらず、

     しばらくの間は非常勤講師として美術を教え、その後、重慶大学建築学科で水彩画と

     絵の先生として正式に採用されることに。

   

  1947年 美術の先生として働く傍ら己の創作活動も続け教育省派遣留学生として、

               パリ国立高等美術学校に入学。西洋美術に直に触れ、よりその美術性を磨く。


  1950年 帰国後に描いた裸婦画が政府からの非難を受け、文化大革命初期に農村での強制労働を

               虐げられる。


  1970年頃 絵に対する情熱を絶やすことなく畑仕事をしながら画策を続け、ようやく画家として

                復帰することを国から認められる。中央美術学院や清華大学で教師を務める。

               中国の伝統的な水墨画と西洋で学んだ油彩の技法を融合させた抽象的な山水画を描き、                     中国と西洋を融合させた芸術家の代表者として評価されるようになる。


 1989年   「高昌遺跡」が香港のオークションに出品され、当時の最高落札額およそ3,000万円で

                落札。


 1992年     古代文物以外は展示されないと言われていた大英博物館で個展を開催。


 2002年 アジア人芸術家として初のフランス学院アカデミー会員となる。


 2010年 逝去。享年91歳。


代表作

『长江三峡』

『黄山松』
『小鸟天堂』
『北国风光』

『鲁迅的故乡』


買取対象ポイント

人気作家だけに、世の中には贋作や工芸品が多数流通している呉冠中作品。

残念ながら、真作でなければ高価買取の対象とはなりません。

本物そっくり作られているものも多々ありますので、真作と証明出来るものがあるのかが大きなポイントとなります。

●百貨店や画廊で買った時に発行された紹介された証明書や目録など付随品がある。

真作であるか否か。


まとめ

時代の波に翻弄されながらも、芸術へ対する情熱を燃やし続けた呉冠中。

今や中国を代表する画家であり、その作品は世界中で愛され、驚異的な値段で売買が成立しています。

ご自宅の整理などで、もしかしたら呉冠中の作品では?という絵画や掛軸などが出てきたら、

是非いわの美術へご連絡下さい!

先にも述きたらべましたように、呉冠中作品は偽物や工芸品が大変多く、真作か否かを見極めるのは大変難しいと言われています。経験豊富な査定員がお客様の大切なお品物を拝見いたします。

先ずはメールなどでお写真頂ければ簡単に査定させて頂きます。

皆さまからのご連絡心よりお待ちいたしております。

関連記事

中国美術に関する注目のテーマ

記事の分類

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール